ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 心臓血管内科部門 > 心臓血管内科部門(心不全科) 概要

心臓血管内科部門(心不全科) 概要

印刷用PDF


概要

心不全科では、一般的な循環器疾患の知識・手技の習得後、より特化した様々な急性・慢性心不全における血行動態・病態把握を習熟し、その解釈法および適切な薬物療法・非薬物療法の実践を学ぶ。また、臨床上の疑問を解決するための基礎研究・臨床研究を行い、心不全の病態と治療に対し更に高度な理解を得ることを目標とする。

対象:
主に医師5年目~10年目(一般循環器内科の経験があることが望ましい)

期間:
1~2年間(相談可)

キーワード:
血行動態学、急性・慢性心不全、弁膜症、心筋症、心エコー、TAVI、MitraClip、PTSMA、PTMC、心筋生検、ICD・CRT、CRT Optimization、補助人工心臓・心臓移植、心臓リハビリテーション、緩和ケア

関連資格:
日本循環器学会 循環器専門医(日本循環器学会認定 循環器専門医研修施設)
日本超音波医学会 超音波専門医(日本超音波医学会 指定研修施設)
日本心エコー図学会 SHD心エコー図認証医
日本不整脈心電学会 ICD/CRT研修

最終更新日 2017年05月24日

ページ上部へ