ホーム > 医療人の育成 > 専攻医・専門修練医研修プログラムについて > 各部門のカリキュラム > 心臓血管内科部門 > 心臓血管内科部門(心不全科) 到達目標

心臓血管内科部門(心不全科) 到達目標

印刷用PDF


主な到達目標

  1. 右心カテーテル検査、心エコー検査による血行動態評価法を学び、治療方針を立てる
  2. 心臓弁膜症の診断・治療方針の選択を学ぶ(経胸壁心エコー、経食道心エコー、心臓カテーテル検査、負荷エコーなど)
  3. 弁膜症に対するSHDの実際を学ぶ(PTMC, TAVI, MitraClip, SHDの臨床研究など)
  4. TAVI(適応、造影CT解析、ハートチームディスカッション)の実際を学ぶ
  5. 心筋生検法とその判定法を学ぶ
  6. 肥大型心筋症の薬物療法、非薬物療法(PTSMA、Myectomy、ICDなど)の適応を判断する
  7. 弁膜症・心筋症に対する運動負荷心エコーの適応・施行の実際・判定法を学ぶ
  8. 急性・慢性心不全の薬物療法を学ぶ(最新の治験薬も含む)
  9. 慢性心不全の非薬物療法を学ぶ(ICD, CRTの術前Dyssynchrony評価・術後評価・Optimizationなど)
  10. 補助人工心臓・心臓移植の適応判定を学ぶ
  11. 慢性心不全に対する心臓リハビリテーション・心肺運動負荷試験(CPX検査)を学ぶ
  12. 高齢者心不全に対しての治療適応を学ぶ(SHDを含む)
  13. 末期心不全に対する緩和ケアを学ぶ

最終更新日 2017年05月24日

ページ上部へ