ホーム > 医療人の育成 > 専攻医・専門修練医研修プログラムについて > 各部門のカリキュラム > 中央診療部門 > 中央診療部門(放射線部)レジデントコース 研修内容

中央診療部門(放射線部)レジデントコース 研修内容

印刷用PDF


概要

研修方法

  • スタッフ医師の指導のもとに、放射線部での上記の各種検査とカテーテル治療を担当し、画像の読影・解析からレポート作成までを行う。
  • カテーテル検査・治療などの侵襲的手技に加わる場合は、適応決定のミーティングや術前術後の回診などに参加する。
  • 各種カンファレンス等(下記)に参加する。
  • 病棟での患者受持、および当直業務はなし。
  • X線・MRコースと核医学コースの研修の配分やローテーションは、最短3ヶ月単位で適宜、変更する。

カンファレンス等の週間スケジュール

曜日時間内容
月曜日 午後 放射線部連絡・報告会
PETカンファレンス
火曜日 午後 血管カンファレンス
RI抄読会
放射線部勉強会
木曜日 午後 放射線部連絡・報告会
小児心臓カンファレンス
金曜日 午後 心カテカンファレンス
毎日 午後 RI読影会
カテ前回診
随時 リサーチミーティング
放射線機器勉強会
国内外専門家によるセンター内セミナー
スタッフ医師による講義

研修記録と修了評価

  • レジデントは、担当した検査・カテーテル治療の件数を、年度ごとに指導責任者に報告する。同時にその年度における研修内容等について、指導責任者との意見交換を行う。
  • 指導責任者は、各年度の達成状況を確認する。
  • 3年修了時には指導責任者が評価し、研修委員会において修了を判定する。

最終更新日 2017年06月28日

ページ上部へ