ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 小児循環器・周産期部門 > 小児循環器・周産期部門(小児循環器科)レジデントコース 到達目標

小児循環器・周産期部門(小児循環器科)レジデントコース 到達目標

印刷用PDF


一般目標

必須項目

  1. 以下について管理法を修得する。
    1. 非チアノーゼ型およびチアノーゼ型先天性心疾患の術前管理
    2. 右心バイパス術(グレン手術、フォンタン手術)の術後管理
    3. 心筋疾患(心筋炎、心筋症など)の管理
    4. 心室機能不全(ACE阻害剤、β遮断剤使用例)の管理
    5. 頻脈型不整脈の管理
    6. ペースメーカの管理
    7. 人工呼吸管理
  2. 以下の手技を修得する。
    1. PIカテーテル留置
    2. 経頸静脈シース留置
    3. 気管内挿管
    4. 心肺蘇生術
    5. カウンターショック
    6. 窒素ガス吸入療法
  3. 以下の検査の施行法と診断法を修得する。
    1. 心臓カテーテル検査
    2. 心エコー検査
    3. トレッドミル運動負荷試験
  4. 以下の検査・治療手技を経験する。
    1. 経食道エコー検査
    2. バルーン弁拡大術
    3. バルーン血管拡大術
    4. 側副血管コイル閉鎖術

努力項目

  1. 以下について管理法を修得する。
    1. 肺高血圧(原発性肺高血圧、アイゼンメンジャー症候群など)の管理
    2. 致死性不整脈(QT延長症候群、運動誘発性心室頻拍など)の管理
    3. アブレーション施行例の管理
  2. 以下の手技を修得する。
    1. PIカテーテル留置
  3. 以下の検査・治療手技を経験する。
    1. バルーン心房中隔裂開術
    2. 動脈管開存コイル閉鎖術

個別目標

各自以下の治療・検査手技を選択して修得する。

  1. RI検査の手技と診断
  2. CPXの手技と診断
  3. 経食道エコーの手技と診断
  4. EBTの手技と診断
  5. カテーテル治療
  6. 電気生理とアブレーション
  7. 成人先天性心疾患の診断と治療

3年間で最低限経験する主な管理・手技・検査・カテーテル治療の目標数

  1. 必須項目

    小児循環器科レジデント研修チェックリスト表1(別表)に示す。

  2. 努力項目

    小児循環器科レジデント研修チェックリスト表2(別表)に示す。

*研修実績については、現在のところ目標数への到達度のみチェックし、習熟度については判定しない。

最終更新日 2017年06月28日

ページ上部へ