ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 生活習慣病部門 > 生活習慣病部門(循環器疾患予防コース)研修内容

生活習慣病部門(循環器疾患予防コース)研修内容

印刷用PDF


研修内容

1) 臨床

「吹田研究」の対象者に対して、追加の研究項目を含む健診を定期的に実施しており、その診察と結果説明を行います。また、当センターの禁煙外来や高度循環器ドックの外来診察、循環器疾患の予防のための保健指導・健康教室などを計画・実施します。
ほかに、近隣自治体における住民健診の診察などをおこなっています。

2) 研究

下記のようなOJT(On the Job Training)形式の実務的な経験を積むことにより、臨床分野および公衆衛生分野の疫学研究者として自立的に活動できる能力の獲得 を目指します。

  1. 「吹田研究」などで、すでにデータセット化されている種々の研究データの解析や論文執筆を通じて、基本的な疫学的手法を身につけます。また、個々の能力と興味のある分野に応じて、新たな研究計画を考え、実際の調査を実施することも可能です。
  2. センター内で実施される各種の臨床研究に参加し、臨床研究への疫学研究者の関わり方について理解します。
  3. 国内の疫学共同研究に研究協力者として参画し、知識の幅を広げるとともに、多くの研究者と交流することが可能です。
  4. 在籍期間中に筆頭演者や筆頭著者として、国内外の学会発表や論文執筆を行なうことをサポートします。
  5. 学位の取得を希望される場合、当センターと協定を結んでいる連携大学院(東北大学)の大学院生となり、所定の基準を満たすことにより取得可能です。
  6. センター内の他診療科とのローテーションも可能です(要相談)。

主なスケジュール等

  1. 予防健診部関連の外来診察・結果説明:週1~2日程度
  2. 近隣自治体等での健診診察:月1~2回(1回は約半日)
  3. 予防健診部の定期ミーティング:週1回
  4. 関連部局の研究ミーティング:月1回
  5. センター内の内科集団会:週1回

最終更新日 2017年06月30日

ページ上部へ