ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 心臓血管内科部門 > 心臓血管内科部門(不整脈科) 概要

心臓血管内科部門(不整脈科) 概要

印刷用PDF


概要

不整脈分野専門研修のコースでは、幅広い心臓血管領域の知識に加えて、不整脈専門医としてより高度な知識および技術の習得が可能である。当科はカテーテルアブレーション治療、植込み型デバイス手術、遺伝性不整脈疾患に対する遺伝子診断において国内トップレベルの治療件数を誇り、不整脈診療全般において国内の指導的立場にある。今後登場する新しいアブレーションやデバイス治療も積極的に導入予定である。2年間の研修で日本不整脈心電学会認定不整脈専門医の取得だけでなく国際学会や英語論文作成を経験し、将来のバランスのとれた指導力のある不整脈専門医を育成することを目標に研修プログラムを組んでいる。

期間:1~2年間(相談可)
対象:主に医師5~10年目(一般循環器内科の経験があることが望ましい)

最終更新日 2017年05月22日

ページ上部へ