ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 心臓血管内科部門 > 心臓血管内科部門(成人先天性心疾患ローテーションコース)概要

心臓血管内科部門(成人先天性心疾患ローテーションコース)概要

印刷用PDF


概要

医療技術の進歩で約9割の先天性心疾患を抱える小児が成人期を迎え、日本を含む先進諸国では、先天性心疾患の患者数は成人が小児を凌駕するようになった。したがって、成人先天性心疾患患者の管理は、循環器内科領域においても重要かつ必須な医療分野となりつつある。本コースはこのような医療の現状を踏まえ、成人の後天性心疾患を専門とする循環器内科医が、病変が多岐にわたる成人先天性心疾患患者の病態と診療に慣れ親しむとともに、基本的な診療能力を習得するための導入的なコースとして設定された。

対象: 心臓血管内科ラウンドコース3年目以上もしくは心臓血管内科各診療科にて専門修練医として研修を行っている循環器内科医

期間: 専門修練医としての研修期間中の3ヶ月間

採用人数: 同時期に1名(複数名同時に本コースを受講することは不可)

最終更新日 2017年06月09日

ページ上部へ