ホーム > 医療人の育成 > 専攻医・専門修練医研修プログラムについて > 各部門のカリキュラム > 中央診療部門 > 中央診療部門(心血管リハビリテーション)専門修練医コース 研修内容

中央診療部門(心血管リハビリテーション)専門修練医コース 研修内容


研修内容

研修方法

  1. 臨床
    • 心血管リハビリテーション科に所属し、より高度の知識と実践に重点を置いた修練をおこなう。
    • 心臓血管内科のカンファレンスに参加し、臨床研修を実施することも可能。
  2. 臨床研究
    • 心血管リハビリテーションの専門的知識をもって研究に従事する。既存データベースに基づく後ろ向き観察研究、新規研究計画に基づく前向き研究などを実施し、学会発表(国内学会・国際学会)および英語論文作成を行う。
  3. 患者受持
    • 心臓リハビリテーションにエントリーされた心血管疾患患者について、心臓リハビリテーション担当医として受け持ち、開始時・退院時・終了時の医師面接を行う。(心血管リハビリテーション担当医とは、運動処方決定や患者説明・指導など心臓リハビリ関連事項に関する担当医であって、病棟あるいは外来での診療を担当するわけではない。)
    • CPXを含む医学的評価結果に基づいて担当患者の最適運動処方を決定し、指導する。
    • 心臓リハビリ担当医として平均受持ち患者数は週2~3名。

回診・カンファレンス等の週間スケジュール

曜日 時間 内容
月曜日 午前/午後 心臓リハビリセッション前カンファレンス
火曜日 午前/午後 心臓リハビリセッション前カンファレンス
水曜日 午前/午後
午後
心臓リハビリセッション前カンファレンス
多職種カンファレンス
木曜日 午前
午後
午後
心臓リハビリセッション前カンファレンス
CPXオーバーリードカンファレンス
内科集談会
金曜日 午前/午後
午後
心臓リハビリセッション前カンファレンス
抄読会
その他 研究相談、学会予行などを適宜実施

(2013年9月現在)

最終更新日 2017年06月28日

ページ上部へ