ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 中央診療部門 > 中央診療部門(臨床遺伝科)専門修練医コース 概要

中央診療部門(臨床遺伝科)専門修練医コース 概要

※現在、平成30年度採用の募集はありません。

印刷用PDF


概要

臨床遺伝科専門修練医コースは、臨床医として各診療科の基礎トレーニングを終えた医師を対象に、遺伝医療をすすめる際に最低限必要な遺伝医学の基礎知識を修得し、必要な臨床経験と研究活動参加により、専門的臨床医としての臨床遺伝医に向けた専門教育を行うことを目的とする。以上の臨床業務・研究活動を行うと同時に、臨床遺伝専門医を取得するべく経験を積むものである。

専門医資格

日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医制度認定研修施設に認定されており、専門修練医の臨床経験を、臨床遺伝専門医の申請単位に含めることができる。

臨床遺伝科

臨床遺伝科は遺伝相談室と研究所分子生物学部、小児循環器・周産期部門を中心に、心臓血管内科部門や心臓血管外科部門を含むセンター病院全部門と連携し、遺伝カウンセリング、遺伝相談、遺伝学的診断、遺伝性疾患の管理など遺伝医療を遺伝カウンセラーとともに実践し、また、遺伝医学に関する研究活動を行う。

主な臨床・検査技術

  • 遺伝医療をすすめる際に必要な遺伝医学の知識
  • 遺伝性疾患の診断や対応
  • 治療に有用な病歴
  • 家族歴聴取と記述
  • 全身の包括的な観察による疾患像の理解と記述
  • 遺伝性疾患に必要な検査選択による適切な診断と必要に応じた他の専門医への紹介
  • 患者
  • 家族の個々の状況
  • 特殊性を考慮した適切な治療
  • 支援
  • 予防の実施
  • 発端者と同じ遺伝的素因や疾患を有する者の早期発見,予防,治療の実施
  • 患者および家族に対して適切な遺伝カウンセリングの実施
  • 患者の社会復帰や社会参加にむけた支援
  • 遺伝性疾患の診断に必要な遺伝学的検査実施
  • 遺伝性疾患の診断に必要な遺伝学的検査の研究開発

最終更新日 2017年06月28日

ページ上部へ