ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 脳血管部門 > 脳血管部門(脳神経外科) レジデントコース 概要

脳血管部門(脳神経外科) レジデントコース 概要

印刷用PDF


概要

国立循環器病研究センター脳神経外科は、循環器疾患に特化した本邦唯一のナショナルセンターの脳血管部門における外科診療科です。当科は1978年の開設以来、脳血管障害に対する最先端治療の開発、実践、発信、そして同時に脳血管外科のスペシャリストを育成する使命を担ってきました。脳血管障害は臨床現場で、脳神経外科医が最も遭遇する機会の多い疾患であり、直達手術・血管内治療・ガンマナイフ合わせて年間800件以上の治療を行っている当センターは、ナショナルセンターで唯一日本脳神経外科学会から専門医研修プログラムの基幹施設として認定されており、これまで多数の脳神経外科専門医を輩出してきた実績があります。レジデントカリキュラム -脳神経外科コース-は、脳神経外科領域のcommon diseaseともいえる脳血管障害を中心に、脳腫瘍、神経外傷、機能性疾患など他の領域の疾患も含めて、将来的に脳血管障害の外科のスペシャリストとなる皆さんの基礎となる脳神経外科学全般について広く深く学んでいただくためのコースです。

最終更新日 2017年06月28日

ページ上部へ