ホーム > 医療人の育成 > 専攻医・専門修練医研修プログラムについて > 各部門のカリキュラム > 脳血管部門 > 脳血管部門(脳神経外科) レジデントコース 到達目標

脳血管部門(脳神経外科) レジデントコース 到達目標

印刷用PDF


到達目標

3年間のカリキュラムの中で、日本脳神経外科学会専門医を取得するために必要な技術と知識を身につけます。さらに全国から集まる治療困難な脳血管疾患の治療を通じて、臨床上真に重要な問題を見つける力(洞察力)、効果的な問題解決手段を考察する力(構想力)、その過程で得られたデータを外部に正しく発信する力(構築力)の3つの力を涵養することを目標としています。
当科には全国各地から若手脳神経外科医が集結し、学閥の垣根なく日夜切磋琢磨を続けています。

最低達成基準

脳神経外科治療の基礎となる知識と技術を修得する。

  1. 急性期診療に対応できる診断能力
  2. 脳神経外科疾患の的確な治療計画の立案
  3. 脳血管撮影の基本手技と正しい読影
  4. 術前、術後管理(気道確保、中心静脈確保、経頭蓋ドップラー)
  5. 穿頭手術
  6. さまざまな開閉頭術が独立して可能
  7. ラットを用いた微小血管吻合の練習
  8. 基本的な脳神経外科顕微鏡手術の理解と実践
  9. 脳内出血に対する開頭血腫除去術
  10. 血管内治療の基礎学習と実践
  11. 定位放射線治療(ガンマナイフ)の基礎学習と実践
  12. 学会発表、論文執筆などの academic work
  13. 日本脳神経外科学会専門医、日本脳神経血管内治療専門医の取得(経験年数に応じて)
  14. 脳血管障害以外の脳外科疾患のマネージメント(必要に応じて連携施設・関連施設で研修)
    • 悪性脳腫瘍・機能性疾患:大阪赤十字病院・滋賀県立成人病センター・京都大学病院・北野病院
    • 小児脳神経外科:静岡県立こども病院
    • 脊髄・脊椎外科:信愛会脊椎脊髄センター

最終更新日 2017年06月28日

ページ上部へ