ホーム > 医療人の育成 > 専攻医・専門修練医研修プログラムについて > 各部門のカリキュラム > 脳血管部門 > 脳血管部門(脳血管内科・脳神経内科)連携レジデントコース 対象疾患

脳血管部門(脳血管内科・脳神経内科)連携レジデントコース 対象疾患

印刷用PDF


対象疾患

  1. 虚血性脳血管障害(様々な病態・機序による脳梗塞および一過性脳虚血発作)
  2. 出血性脳血管障害(脳内出血を中心に。クモ膜下出血や硬膜下血腫に関しては初期対応後脳神経外科にコンサルト)
  3. 無症候性脳血管病変(主幹脳動脈の高度狭窄・閉塞病変などを中心に。)
  4. 脳神経系救急疾患(意識障害、てんかん、めまい、髄膜炎、脳炎など)
  5. 脳卒中慢性病態(認知症、てんかん、パーキンソン症候群など)

最終更新日 2017年06月07日

ページ上部へ