ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 心臓血管内科部門 > 心臓血管内科部門(重症心不全・移植コース) 研修内容

心臓血管内科部門(重症心不全・移植コース) 研修内容

印刷用PDF


研修内容

臨床

1年目

  1. 主に重症心不全・移植病棟(8階西病棟)を中心に移植部入院患者の担当医となり、心不全の病態評価の方法、強心薬やβ遮断薬の使用と医療管理を学ぶ。
  2. 補助循環装置(IABP、PCPS、VAD)の原理、管理方法を習得する。必要に応じて、ICU、CCU と連携をとりながら実技研修を行う。
  3. 重症心不全患者の心臓移植適応に関して、適切な評価、検討ができる。
  4. 心臓移植後患者の担当医となり、拒絶反応の診断・評価方法や、免疫抑制療法について学ぶ。

2年目

  1. 専門修練医として、病棟担当医と共に、受け持ち患者の管理、レジデントの監督、指導を行う。
  2. 末期心不全症例に対する内科的および外科的治療法の選択および治療戦略の構築を行う。
  3. 心臓移植後患者の管理について、移植後短期および長期例において研修する。
  4. 心臓のドナーの評価・管理を研修する。
  5. 補助人工心臓装着患者の在宅管理(職場復帰を含む)を研修する。

なお、外科系での希望者は、心臓血管外科臨床経験に応じて手術に参画する。

臨床研究

重症心不全、劇症型心筋炎、補助人工心臓、心臓・心肺移植に関する臨床研究や、高度先駆的診断治療に従事する。
希望により上記に関して研究所での基礎あるいは先駆的研究に参画する。

患者受持

重症心不全・移植病棟(8階西病棟)を中心に入院中の患者、3~4名

検査業務

  • 心臓カテーテル検査に、各週 1 単位ずつ参加し、診断・治療に必要な検査技術を習得する。
  • 心エコー検査に参加し、診断・治療に必要な検査技術を習得する。
  • IABP/PCPS挿入が必要な場合には、CCU、心臓外科チームと共同にて、挿入を行い、その挿入・管理方法を習得する。
  • VAD装着が必要な場合は、心臓外科チームとともに、その管理方法を修得する。

当直業務

内科心臓血管コースと同等。

回診・カンファレンス等の週間スケジュール

曜日 時間 内容
毎日 午前 病棟朝カンファレンス
毎日 夕方 病棟カンファレンス
火曜日 不定期 臓器移植医学的適応症例検討会
火・木曜日 午後 病理検討
水曜日 夕方 抄読会、勉強会
水・木曜日 午前 移植・補助心臓外来
水・木曜日 午前 移植外来
木曜日 午後 移植部回診
木曜日 午後 内科集団会
第3月曜日 センターCPC(心臓血管外科系のカンファレンス)
毎日 午前 心臓血管外科カンファレンス
毎日 午前 ICUカンファレンス
月曜日 午後 心臓血管外科月曜日定例会
死亡症例の検討会(病理部門との合同のCPC含む)講演会
※その他、各グループ(後天性、先天性、血管、ICU)ごとのカンファレンス有り

最終更新日 2017年06月28日

ページ上部へ