ホーム > 医療人の育成 > 専攻医(レジデント・専門修練医)募集について > 各部門のカリキュラム > 心臓血管内科部門 > 心臓血管内科部門(CCU) 概要

心臓血管内科部門(CCU) 概要

印刷用PDF


概要

当センターは近年注目されている心臓血管系集中治療(Critical Care Cardiology)に特化したトレーニングカリキュラムを持つ全国でも数少ない施設である。1977年にCoronary Care Unitを開設し、虚血性心疾患を対象とした集中治療を行ってきた。2010年からは、多様な基礎疾患や合併症に対応するCardiovascular Care Unit (CCU) として、虚血性心疾患のみならず重症心不全、広範型急性肺血栓塞栓症などの循環器急性期診療・集中治療(機械的循環補助を含む)を行っている。心臓血管系集中治療の特殊性として、ドクターカーやモバイルテレメディシンシステムなどのPre-hospital Care(病院前診療)、心エコー検査や右心カテーテル検査を駆使した血行動態管理および補助循環装置の管理を学ぶことができる。

研修対象および期間

研修対象:
6年目以上、経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention; PCI)の経験があることが望ましい。

研修期間:
2年を想定している(応相談)

最終更新日 2017年06月16日

ページ上部へ