ホーム > 各部のご紹介 > 研究推進支援部 > 動物実験管理室

研究推進支援部

動物実験管理室

医学研究の進歩にとって、動物実験の果たしてきた役割は大変重要です。動物実験管理室は、研究支援業務として動物実験を行う研究者が科学的かつ倫理的で、さらに動物愛護・福祉を念頭に置いた動物実験を、安全にかつ安定して実施できることを目指しています。また、実験動物にとってすごしやすい環境の構築を進めています。実験動物診療施設として積極的に実験動物の疾病予防・治療に努めています。実験動物医学という総合科学技術を駆使して、研究所の研究活動に大いに奉仕し、ヒトの健康への実験動物による動物実験の貢献を求めています。

  • 動物管理に関わる業務
  • 動物実験・実験動物に関する知識と技術に関わる業務
  • 飼育施設

動物管理に関わる業務

実験動物の検収、検疫、健康観察、給餌、給水、飼育ケージの洗浄、動物飼育室の清掃と消毒、動物飼育室の環境測定、動物の実験室への運搬、異常動物の実験者への通知並びに治療、凶暴な動物の馴化・保定や麻酔時の補助を行っています。さらに、イヌに対する狂犬病ワクチンの投与と登録、SPFマウス・ラットのモニター動物の検査依頼などを行っています。また、マウスのクリーニング(SPF化)、遺伝子改変マウス(トランスジェニックマウスやノックアウトマウス)の作製と維持管理、循環器病関連遺伝子改変マウスのバンク化(受精卵、精子の保存)なども行っています。

動物実験・実験動物に関する知識と技術に関わる業務

日本実験動物学会および関連学会・研究会さらにはアメリカ実験動物学会・ヨーロッパ実験動物学会などに積極的に参加して、最新の専門分野の知的、技術的進歩、特に実験動物福祉・実験動物倫理に関する情報を獲得し、当管理室の実験動物技術者の指導と教育、実験者に対する情報供給・指導・教育を行っています。動物管理室には実験動物学や獣医学の雑誌や専門書をそろえ、研究者の質問に対して共に解答を求める努力をしています。また、動物愛護・福祉の実践が最重要との考えから、実験手技・術後疼痛コントロールを含めた管理・適切な麻酔法等の指導を行っています。実験動物の疾病治療も積極的に行い、苦痛の軽減に努めています。

飼育施設

研究所7階全フロアーを占める飼育室、繁殖室、洗浄室、処置室、実験室、研究所1階の検疫室、プレハブ棟、新館4階の術前術後管理室、バイオテクノロジー棟3、4階にある遺伝子改変動物飼育室、胚操作実験室、細胞操作実験室、生理実験室、小動物実験室、小動物処置室、から構成されています。施設に収容可能な匹数は次の通りです。

イヌ(44匹)、ビーグル(20匹)、ヤギまたはウシ(18匹)、ブタ(44匹)、サル(14匹)、ウサギ(74羽)、モルモット(60匹)、ラット(1,266匹)、マウス(19,675匹)、ハムスター(60匹)

最終更新日 2016年07月15日

ページ上部へ