ホーム > 医療人の育成 > 医療人の育成

医療人の育成

見学・研修をご希望の方はこちらまでご連絡ください。
医療係 TEL: 06-6833-5012(内線 2210)
(※ 電話番号のおかけ間違いには、ご注意ください)

国立循環器病研究センター(国循)は、「循環器病の救命と制圧」を設立の目標として、最先端の循環器医療・研究を行う国立高度医療研究センターです。
病院では、心血管疾患や脳血管疾患の急性期医療をはじめとして、超急性期から回復期リハビリまで切れ目のない医療を提供しています。国内外でトップレベルの医療技術を駆使した治療だけではなく循環器病予防も目指して、循環器病の原因となる動脈硬化の治療や予防も実施しています。また、研究所と連携して循環器病研究を行っており、国内外の循環器病関連学会に影響を与える論文も多く発表されています。
研究所では、循環器病の病態解明を目指した基礎研究やよりよい医療に貢献するための医療機器等の開発を行っています。病院と研究所が併設されており医師と研究者が一緒に仕事をする環境が整っているため、臨床現場のニーズを的確にとらえ循環器医療の発展に直結した研究を行うことが可能です。

医師の研修:専攻医(レジデント・専門修練医)制度

専攻医(レジデント・専門修練医)は他施設では経験することの少ない困難な症例や珍しい症例を数多く経験することができます。国循で研修を受けた多くの医師は、全国各地で循環器医療の発展に対し指導的な役割を果たしています。

看護師・コメディカルの研修:看護部教育体制/薬剤部・臨床検査部レジデント

国循では循環器に特化したきめ細やかな看護も学ぶことができます。研修の機会を都度設けることで新人・若手看護師のフォローアップに努めています。併せて、独自の教育システムにより循環器専門看護師の育成にも注力しています。コメディカル部門では、薬剤部・臨床検査部も診療部門と同様にレジデント制度を設け、循環器に特化した教育を実施しています。

研究者の研修:流動研究員制度

循環器病制圧のための研究をより一層進めるためには、既存の研究成果に捉われず新しい視点から研究テーマを見出して研究を進めることのできる人材が不可欠です。国循では意欲的な研究者を支援するため、流動研究員を募集しています。

最終更新日 2017年06月13日

ページ上部へ