ホーム > 医療人の育成 > レジデント・アウォード、ティーチング・アウォード

レジデント・アウォード、ティーチング・アウォード

レジデント・アウォード

国立循環器病研究センターでは、レジデント・専門修練医を対象とし「レジデント・アウォード」を実施しています。これは臨床研修において知識・手技・経験・医師として必要な基本姿勢と態度など、達成しなければならない目標を確認するためのものです。

ティーチング・アウォード

国立循環器病研究センターでは、スタッフを対象とし「ティーチング・アウォード」を実施しています。レジデント・専門修練医への教育・研修の質を向上させるため、また指導・教育を行うスタッフのモチベーションを高めるために、レジデント・専門修練医と指導医の相互評価は不可欠です。

令和元年度レジデント・アウォード受賞者

令和元年度の受賞者は次の12名です。

ベスト専門修練医

最優秀賞: 島本 恵子先生 (心臓血管内科)
優秀賞: 岡田 啓先生 (脳神経外科)
準優秀賞: 望月 宏樹先生 (移植医療部)
準優秀賞: 三上 祐紀子先生 (産婦人科)

ベストレジデント(レジデント3年目)

最優秀賞: 竹内 智先生 (心臓血管内科)
優秀賞: 小野 譲数先生 (心臓血管外科)
準優秀賞: 田川 直樹先生 (脳血管内科・脳神経内科)
準優秀賞: 鈴木 大先生 (小児循環器内科)

レジデント奨励賞(レジデント1年目、2年目)

鮫島 光平先生 (心臓血管内科)
池之内 初先生 (脳血管内科・脳神経内科)
前田 拓真先生 (脳神経外科)
堀田 直志先生 (麻酔科)

令和元年度レジデント・アウォード受賞者のコメントはこちら

レジデント・アウォードについて

【評価目的】
臨床研修において知識・手技・経験・医師として必要な基本姿勢と態度など、達成しなければならない目標を確認するため。
【評価方法】
評価は、(A) レジデント1年次および2年次、(B) レジデント3年次、(C) 専門修練医1年次および2年次の各研修期間において、研修医の自己評価、指導医からの評価、看護師からの評価を行う。
【選定経過】
指導医評価点数と、指導医評価の満点に換算した看護師長評価点数を加算した総点を算出。副院長、教育・研修部長、各部科プログラムディレクターからなる教育研修部会で厳正に審査した結果、令和元年度レジデント・アウォード受賞者として12名を選出した。
(レジデント1年目、2年目は順位をつけず、全員奨励賞とした。)

令和元年度 ティーチング・アウォード受賞者

令和元年度の受賞者は次の14名です。

永瀬 聡 先生 (心臓血管内科 不整脈科)
青木 竜男 先生 (心臓血管内科 肺循環科)
大塚 文之 先生 (心臓血管内科 冠疾患科)
岩﨑 慶一朗 先生 (移植医療部)
矢嶋 真心 先生 (心臓外科)
上原 京勲 先生 (血管外科)
吉村 壮平 先生 (脳血管内科)
福間 一樹 先生 (脳神経内科)
橋村 直樹 先生 (脳神経外科)
坂口 平馬 先生 (小児循環器内科)
塩野入 規 先生 (産婦人科)
下川 亮 先生 (麻酔科)
西井 達矢 先生 (放射線部)
槇野 久士 先生 (糖尿病・脂質代謝内科)

令和元年度 ティーチング・アウォード受賞者のコメントはこちら

ティーチング・アウォードについて

【評価目的】
・レジデント・専門修練医と指導医の相互評価により教育・研修の質を向上させるため。
・指導医のモチベーションを高めるため。
【評価方法】
・一人の指導医を複数名のレジデント・専門修練医が評価する。
・評価するレジデント・専門修練医は無記名とする。
・部長、プログラムディレクターを評価対象者とするか、またレジデント・専門修練医が誰を評価するかはプログラムディレクターに一任する。

過去の受賞者一覧はこちら

最終更新日 2020年10月27日

ページ上部へ