ホーム > 医療人の育成 > ダイバーシティ人材育成支援室について > Office for the Promotion of Diversity and Inclusion / ダイバーシティ人材育成支援室について

Office for the Promotion of Diversity and Inclusion / ダイバーシティ人材育成支援室について

室長からのご挨拶

当センターは、専門医・レジデント・看護師の教育制度、又は外国人研究者の支援における長い歴史があります。ダイバーシティ人材育成支援室は、センター職員・研修生や研究者のため、マタニティ支援・育児及び介護支援に関する情報を播種すること、また、来日する外国人客員研究員・研修生や派遣研究者のため、働きやすい住みやすい環境に関しての情報を提供することなどを通じて、多様性に富んだ個人の能力を最大限に活かせる職場作りを目的に設立されました。どんな方でも、子育て、介護などのライフイベントに対応しつつ働き続けることができるような支援体制を整え、出来るだけ各人が業務に専念して取り組める環境作りを目指しています。我々の当面の目標は女性および外国人にとって、国循での業務上における不利となる障壁を無くすことです。



The NCVC has a long history of training medical professionals and supporting foreign researchers at this national center. The Office for the Promotion of Diversity and Inclusion was established to support staff, trainees and researchers in relation to disseminating information about maternity-paternity leave, childcare facilities and utilizing career support leave, as well as helping new foreign researchers, trainees and visitors with information about working and living in Osaka. We hope to provide such advice to anyone needing support to enable them to continue work while raising or supporting their families and thus create a working environment that is rich in diversity, enabling individuals to work to the best of their abilities. Our present goal is to break down any barriers that disadvantage female or foreign persons in their work place at the NCVC.

ダイバーシティ人材育成支援室
室長 ピアソン・ジェームズ

Office for the Promotion of Diversity and Inclusion
Director James Pearson

ビジョンとミッション

ビジョン(室の目指す国循の姿)ダイバーシティ室メンバー

国立循環器病研究センターが、性別、国籍その他の多様性に裏付けられた個人の能力を最大限に生かして働くことのできる魅力のある職場として、国内外から認知される。

ミッション(ビジョンを果たすための作戦)

  • 出産、育児、介護等のライフイベントに対応しつつ働き続けるための各種制度およびインフラの整備
  • 言語および文化背景の違いに寄らず、業務および研究に邁進できる環境の整備

Vision and Mission of the Office for Promotion of Diversity and Inclusion

Vision:

NCVC will be recognized all over the world as an appealing workplace where individuals can work to the best of their abilities regardless of gender and nationality.

Mission:

  • To improve institutional infrastructure so that individuals can continue to work during life events such as bearing children, raising infants and caring for family members.
  • To realize a fully productive working environment regardless of cultural background and language.

Support for Foreign Researchers at the NCVC

育児ママ支援(マタニティ支援/保育所/病児保育)

最終更新日 2017年05月29日

ページ上部へ