メニュー

分子生物学部

部の業績
2014年業績

2014年の業績

研究活動の概要

分子生物学部には、分子遺伝学研究室、遺伝子工学研究室、遺伝子機能研究室、発生工学研究室の4つの研究室があり、研究活動は分子遺伝学・遺伝子工学・発生工学の手法を用いて循環器疾患の病態解明につながる基礎研究、また、得られた知見を治療法開発へとつなげる研究を行い、さらに病院臨床部門との連携強化を図っている。具体的には、心臓の発生再生・形態形成に関する研究、発生工学的手法による遺伝子改変動物の作製と動物を用いた遺伝子機能解明研究、ゲノム解析による循環器疾患の病態解明と治療応用をめざした研究、のそれぞれを進め、また、臨床研究の際の倫理的問題の解決にも努めた。

2014年の主な研究成果

分子生物学部としては以下のような研究成果をあげている。心臓の発生再生・形態形成の分子機構の研究に関して、網羅的探索により心筋・骨格筋の発生分化機能に関係することが想定された候補遺伝子について、分化や機能獲得についての役割を検討し、遺伝子改変動物個体での解析や細胞モデルを用いた心臓形態形成や骨格筋機能分化に関係する機能につき、エピゲノム制御を含め解析を進捗めた。ゲノムアプローチにより循環器疾患の病態解明研究では遺伝性疾患の病因遺伝子の変異解析を進め、TGFβシグナルと心血管病について新たな知見を得た。遺伝子改変モデル動物の解析では、AMP代謝に関しての解析を進め、糖脂質代謝や神経細胞の増殖分化と遺伝子機能の関係につき検討を進めた。また、Nkx2.5遺伝子変異導入モデルマウスの解析や新規遺伝子改変手法の検討を行い、マウスのヒト疾患モデル動物としての有用性と方法の改良について検討している。さらに、今年度は、病院臨床部門との連携を一段と強化し、解析を進めている循環器疾患特に難病について試料や情報の収集を進捗させた。

研究業績

  1. Nakajima T, Tachibana K, Miyaki Y, Takagi N, Morisaki T and Higami T. Acute dilatation of the ascending aorta and aortic valve regurgitation in Loeys-Dietz syndrome. The Annals of Thoracic Surgery. 97, 2188-2190, 2014.
  2. Shiraishi I, Nishimura K, Sakaguchi H, Abe T, Kitano M, Kurosaki K, Kato H, Nakanishi T, Yamagishi H, Sagawa K, Ikeda Y, Morisaki T, Hoashi T, Kagisaki K and Ichikawa H. Acute Rupture of Chordae Tendineae of the Mitral Valve in Infants A Nationwide Survey in Japan Exploring a New Syndrome. Circulation. 130, 1053-1061, 2014.
  3. Cheng J, Morisaki H, Toyama K, Sugimoto N, Shintani T, Tandelilin A, Hirase T, Holmes EW and Morisaki T. AMPD1: A novel therapeutic target for reversing insulin resistance. BMC Endocrine Disorders. 14, 96, 2014.
  4. Cheng J , Morisaki H, Sugimoto N, Dohi A, Shintani T, Kimura E, Toyama K, Ikawa M, Okabe M, Higuchi I, Matsuo S, Kawai Y, Hisatome I, Sugama T, Holmes EW and Morisaki T. Effect of isolated AMP deaminase deficiency on skeletal muscle function. Molecular Genetics and Metabolism Reports . 1, 51-59, 2014.
  5. Komiyama M, Ishiguro T, Yamada O, Morisaki H and Morisaki T. Hereditary hemorrhagic telangiectasia in Japanese patients. Journal of Human Genetics. 59, 37-41, 2014.
  6. Morita S, Horii T, Kimura M, Arai Y, Kamei Y, Ogawa Y and Hatada I. Paternal Allele Influences High Fat Diet-Induced Obesity. PLOS ONE. 9, , 2014.
  7. Nishida K, Tamura S, Yamazaki S, Sugita R, Yamagishi M, Noriki S and Morisaki H. Postoperative mitral leaflet rupture in an infant with Loeys-Dietz syndrome. Pediatrics International. 56, E82-E85, 2014.
  8. Ishiwata T, Terada J, Tanabe N, Abe M, Sugiura T, Tsushima K, Tada Y, Sakao S, Kasahara Y, Nakanishi N, Morisaki H and Tatsumi K. Pulmonary Arterial Hypertension as the First Manifestation in a Patient with Hereditary Hemorrhagic Telangiectasia. Internal Medicine. 53, 2359-2363, 2014.
  9. Horii T, Arai Y, Yamazaki M, Morita S, Kimura M, Itoh M, Abe Y and Hatada I. Validation of microinjection methods for generating knockout mice by CRISPR/Cas-mediated genome engineering. Scientific Reports. 4, , 2014.
  10. 森崎 裕子. 遺伝性循環器疾患における遺伝子医療の現状. 医学のあゆみ. 250, 365-370, 2014.
  11. 森崎 裕子. 循環器領域の遺伝カウンセリング. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 35, 73-76, 2014.
  12. 森崎 裕子, 森崎 隆幸. Loeys-Dietz症候群. 日本小児循環器学会雑誌. 30, 232-238, 2014.
  13. 森崎 裕子. Loeys-Dietz症候群,Shprintzen-Goldberg症候群. 神経症候群(第2版)IV. , 598-601, 2014.

最終更新日:2021年10月22日

各部の紹介About

設定メニュー