ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 理化学研究所との共同研究「QT延長症候群の原因遺伝子の候補を発見」

理化学研究所との共同研究「QT延長症候群の原因遺伝子の候補を発見」

2015年7月2日

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:橋本信夫、略称:国循)の不整脈科 相庭武司医長が理化学研究所(略称:理研)との共同研究の成果を発表しました。詳しくは理化学研究所のプレスリリースをご覧下さい。

またQT延長症候群などの遺伝性不整脈疾患については当センターのこちらのページをご覧下さい。

最終更新日 2015年07月02日

ページ上部へ