メニュー

再生医療部

これまで再生医療部は心血管および脳循環障害による疾患に対して、病態解明と各種幹細胞等を用いた細胞治療開発(基礎研究から臨床試験実施)を行ってきました。最近は心筋細胞の脱分化・増殖誘導機構の解明とその応用による新たな心筋再生療法の開発を目指しています。

活動状況

再生医療部は、心血管疾患に対する新規再生治療法の開発を目的として研究を行っています。これまで、マウス、ラット、ハムスターなど様々なモデル動物を用いて、胎児心筋症の病態解明、細胞移植による心臓再生療法の開発などの共同研究を実施してきました。また、生理活性ペプチド、アドレノメデュリンの組織再生機能に着目し、治療応用を目指した研究も進めています。以上の研究基盤を継承しつつ、現在再生医療部では新たな研究テーマとして、成熟心筋細胞の自己再生機構の解明に取り組んでいます。近年、再生不能と考えられてきた哺乳類の心臓も、ゼブラフィッシュなどの高再生動物と同様に、生後数日間は再生することがわかってきており、この再生機序に介入する新たな再生医療法の開発が期待されています。再生医療部では、ゼブラフィッシュおよびマウスを主な実験モデルとして使用し、心筋細胞の脱分化・増殖誘導機序の解明、および心臓再生における細胞間相互作用の理解を目指しています。

研究テーマ

  • 損傷による心筋脱分化誘導機序
  • 心筋細胞における増殖制御機構
  • 心臓組織再生における協調機構
  • 免疫系細胞による心筋再生支持機構
  • 心筋自己再生誘導療法の開発

最終更新日:2021年10月04日

各部の紹介About

設定メニュー