ホーム > トピックス > 研究所元職員による研究活動上の特定不正行為について

研究所元職員による研究活動上の特定不正行為について

令和2年8月18日
国立循環器病研究センター

今般、当センター研究所の元職員(研究者)が、当センターに所属していた平成22年から平成30年の間に執筆した論文21編について告発があり、不正行為調査委員会を設置し、このうち8編について調査を進めてまいりました(残りの13編は、国立大学法人大阪大学において調査)。
その結果、この8編のうち3編について、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)」及び「国立研究開発法人国立循環器病研究センターにおける研究活動の不正行為への対応等に関する細則」に基づき、同研究者から正当かつ科学的根拠のある説明を得られなかったことから、特定不正行為(ねつ造、改ざん)があったと認定しました。(このほか、大阪大学が調査した13編のうち2編についても、特定不正行為が認定されました。)

我が国の医学研究を先導していかなければならない当センターとして、大変重く受け止めており、国民の皆様、医学研究に携わる皆様に対し、心よりお詫び申し上げます。
当センターとしては、今後、今回の事案を厳粛に受け止めたうえで、再発防止に全力を尽くすことで、社会からの信頼を回復していきたいと考えており、一人ひとりの研究者の研究倫理に関する意識改革や研究能力の向上、さらには、研究データの扱いについての組織的な対応など、調査委員会から指摘された点について、理事長が先頭に立って、鋭意、取組を進めてまいります。
これらの取り組みにより、二度とこのような事態が発生しないように、責任を持って対処する所存です。

以上

(添付資料)

※大阪大学における調査結果 https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics

ページ上部へ