ホーム > トピックス > 当センター宿舎の入居率についての補足説明(朝日新聞掲載記事に対する補足説明)

当センター宿舎の入居率についての補足説明(朝日新聞掲載記事に対する補足説明)

平成24年6月2日の朝日新聞夕刊に掲載された「主な独立行政法人宿舎の入居率」において、当センターの入居率が49%と一番低い数値になっており、一見すると、一番多く無駄な宿舎を抱えているという印象を持ちかねない記述となっています。
現実には、示された数値は調査当時のものであり、2012年5月1日現在では90%近い入居率となっています。調査当時は、老朽化した看護師宿舎を廃止すべく入居者を徐々に減らしていた時期にあたり、見かけ上低い数値となっているものです。
なお、記事中では当センターの宿舎を建て替えたとの記述がありますが、看護師宿舎の借上を実施したことによるものであり、建て替えの事実はありません。

最終更新日 2012年06月04日

ページ上部へ