ホーム > トピックス > シンガポール科学技術研究庁長官の研究所訪問について

シンガポール科学技術研究庁長官の研究所訪問について

10月5日の小雨の降る中、シンガポール科学技術研究庁のリム・チュアン・ポー長官他7名が当センター研究所を訪問されました。

当日の午後、同長官はシンガポール経済開発庁等が主催する、「シンガポールにおける科学技術政策と、日星間における連携の可能性」を主題とするシンポジウムに参加し、それに先立って国内を代表する循環器病の研究・診療機関である当センターを訪問することになったものです。
当日は2時間という短い訪問時間ではありましたが、妙中研究開発基盤センター長による当センターの研究開発プロジェクトについての説明や、研究所人工臓器部及び画像診断医学部の見学に、非常に関心を抱かれた様子で、極めて活発な意見の交換がなされました。

今回の長官の訪問を通じて、当センターとシンガポールとの間の関係がより深まり、両国の医療分野の発展に繋がることが期待されます。

研究所訪問01 研究所訪問02

最終更新日 2011年10月06日

ページ上部へ