ホーム > 各部のご紹介 > 細胞生物学部

細胞生物学部

研究概要

循環器は、心臓と脈管(血管・リンパ管)からなります。心臓は、心筋脂肪・血管構成細胞・線維芽細胞が緻密な発生制御過程により組み合わされて構成されます。血管は内皮細胞・血管平滑筋細胞で構成され、内腔に血液を通すために透過性調節が可能な特殊な構造も持ち合わせています。この循環システムが受精・発生・成熟過程でどのように出来上がっていくかを生体イメージングと分子細胞生物学的に同時解析することで、形態形成とその制御過程を理解する研究を行っています。

哺乳類は母体内で発生しますので、成長を時間経過で観察することは、容易ではありませんが、ゼブラフィッシュ胚を用いると3日間くらいで循環システム(心臓・脈管)が構築されますので全経過を可視化することが可能です。

心臓も血管構築細胞もいずれも両側の中胚葉から発生して、心臓と血管が結合することで心臓―動脈―臓器・組織―静脈―心臓という閉鎖循環系が成立します。この閉鎖循環系を成立するためには、逆流や効率のよい臓器への酸素・栄養源の供給が可能となる複雑な構造をとることが要求されます。この詳細な構造の形成過程を調節する情報伝達系の解析をイメージングにより行っています。

さらに、循環は他の神経・代謝・免疫・消化・呼吸とも相互依存的に調節しなければ生体恒常性が維持できないために他の疾患と循環調節との関係を明らかにすることも非常に大切です。このためCREST(生体恒常性―戦略的創造研究推進事業)研究も推進しています。

研究テーマ

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ