ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 第1回「おおさか・すいたハウス」移転支援募金委員会を開催します

第1回「おおさか・すいたハウス」移転支援募金委員会を開催します

2016年4月26日

国立循環器病研究センターに入院する小児患者の家族の滞在施設「おおさか・すいたハウス」の移転に向けて、広く寄附(目標額:2億円)を募るため、関西の経済関係者、医療関係者等を委員とした「おおさか・すいたハウス移転支援募金委員会」を設立し、第1回会合を開催します。

本委員会の概要

(協定締結の目的)国立循環器病研究センターには、重度の心臓病等の子どもが国内だけでなく国外からも治療のために訪れ、数年にわたって入院することも少なくありません。

「おおさか・すいたハウス」は、同センターに入院する小児患者の家族が低廉な料金で宿泊できる滞在施設として開設され、これまでの10年間で、延べ5,000以上のご家族が利用し、宿泊は43,000泊に及んでおり、平成25年(2013年)の稼働率は90.1%と、患者家族にとってなくてはならない施設となっています。

今般、平成30年度(2018年度)を目途とした同センターの北大阪健康医療都市(健都)への移転に伴い、すいたハウスについても移転する必要が生じており、その移転費用の一部を支援するため、吹田市に基金を設置し、平成28年(2016年)2月から寄附の募集を開始しています。

この度、より多くの寄附が集まるよう効果的なPRを行うため、関西の経済関係者、医療関係者等を委員とした「おおさか・すいたハウス移転支援募金委員会」を設立し、第1回委員会を開催します。寄附期間は平成30年(2018年)3月まで、寄附の目標額は2億円。

「おおさか・すいたハウス」の移転実現に向け、全国各地から広くあたたかいサポートやご支援をいただきたいと考えています。

(開催日時等)

日時:平成28年5月17日(火) 14:00~15:00
主催:国立循環器病研究センター、吹田市
場所:大阪府庁本館5階 正庁(せいちょう)の間(大阪市中央区大手前2丁目1-22)

(参考資料)

1. おおさか・すいたハウス移転支援募金委員会の開催について【pdf:113KB】
2. パンフレット「寄附のお願い」【pdf:756KB】

お問い合わせ先

吹田市 健康医療部 北大阪健康医療都市推進室
健都総合調整担当 清水桐郎
TEL:06-6384-2614  FAX:06-6368-9901
E-mail:

ページ上部へ