ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 「国循のかるしお手帳」発売しました

「国循のかるしお手帳」発売しました

血圧記録と食事チェックで始める
かるしお生活「国循のかるしお手帳」

かるしお献立4セットも新掲載

2015年10月13日

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:橋本信夫、略称:国循)は、かるしおレシピシリーズ5冊目となる「国循のかるしお手帳」(セブン&アイ出版刊)を2015年10月10日発売しました。

循環器病予防における減塩の重要性を多くの方々に知っていただくために国循が2012年12月に出版した「国循の美味しい!かるしおレシピ」は大きな話題となり、レシピシリーズも今までで計4冊(累計発行部数:約38万部)発売してまいりました。

今回発売された本書は今までの「かるしおプロジェクト」における考え方に基づいて作られた「自分で血圧記録と食事の減塩チェックができる」手帳(ダイアリー)となっています。高齢者の方にも使いやすい、文字の見易いB5判のサイズで60週(約1年分)記入できます。年月日を自身で書き込む方式なので、いつでも好きなタイミングで記録を開始できます。ダイアリー部分は血圧グラフ、脈拍、体重、睡眠時間、歩数など健康、体調管理に有益な項目を記録すると共に、かるしお独自の「減塩クリアポイント」などを含めた食事管理を見開き1ページあたり一週間分で見ることが出来ます。

また、厚みのあるビニールカバー仕様で診察券やおくすり手帳などが収納するポケットがついています。加えて、既往歴、かかりつけ病院リスト、健診ダイアリーなどのパーソナルデータを書き込む欄もあるため、一冊で様々な管理を行えます。かるしおシリーズの新刊ということで、かるしおレシピ献立(4品献立2セット・3品献立2セット)も掲載されています。

【書名】
『国循のかるしお手帳』

【著者】
国立研究開発法人 国立循環器病研究センター

【書籍概要】
判型/B5判
頁数/160ページ
販売価格/1,380+税
発売/2015年10月10日(土)
発行/株式会社セブン&アイ出版

【主な構成】
・かるしおレシピとは? 
・かるしお献立の考え方 
・実践!かるしお献立 
・トライ! かるしお流ピクルス 
・人気! かるしお流みそ汁 
・Column 高血圧の人の赤信号キーワード 
・かるしお生活スタート! 
・かるしお手帳の使い方 
・かるしお手帳60週分(約1年分)
・だし汁と八方だしの作り方
・正しい計量のために
・隠れ塩分の脱塩法
・外食・中食メニューの塩分カタログ
・書いておこう! けんこう記録
・国循のかるしおシリーズの紹介

最終更新日 2015年10月13日

ページ上部へ