ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 医療機関初の「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」選定に伴い、女性研究者の研究助成授与式を開催しました。

医療機関初の「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」選定に伴い、女性研究者の研究助成授与式を開催しました。

2019年1月21日
国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センター(略称:国循)は、平成30年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」に選定されました。本事業は、日本における女性研究者の数が欧米先進諸国と比べて著しく少ない状況を鑑み、文部科学省において平成18年度より「女性研究者支援事業」、平成27年度より現在の「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」として実施されています。本事業開始以来、医療機関の選定は国循が初めてです。

国循は、医療機関で働く女性研究者のキャリアアップが難しい状況を改善できるよう、研究者として実績を積める環境を如何にして実現するかという挑戦を開始します。第一歩として、本事業の補助金を原資とした女性研究者向け研究助成制度を創設しました。助成対象は、短期および長期海外派遣者、新たに上位職に昇進した女性研究者、および海外留学経験があり国際共同研究に従事する女性研究者です。外部委員を含む選定委員会における公正な審査の結果、医師、薬剤師、看護師を含む11名の女性研究者への助成が決定し、1月8日に授与式を開催しました。

最終更新日 2019年01月21日

ページ上部へ