ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 植物性の食品を中心とする食事が血圧降下に有効

植物性の食品を中心とする食事が血圧降下に有効

平成26年2月25日

国立循環器病研究センター(略称:国循)予防医学・疫学情報部の西村邦宏室長らの研究チームは、肉類の摂取を制限し、野菜、大豆を中心とした豆類、豆腐、精製していない全粒穀物などの植物性の食品を中心とするベジタリアン型の食事を摂ることと血圧降下とが関連していることを、過去の先行研究のデータをまとめて解析する手法(メタアナリシス解析)により明らかにしました。このことにより、高血圧に対する非薬物療法のひとつとして、ベジタリアンの食事パターンが有効である可能性が示唆されます。

本研究の成果は、オンラインサイト「JAMA Internal Medicine」に平成26年2月25日付(日本時間)で掲載されます。

高血圧は様々な循環器疾患のリスク要因といわれており、公衆衛生学的に重要な課題です。植物性の食品を中心に摂取し、肉類の摂取を制限するベジタリアンの食事パターンが血圧降下と関連していることはいくつかの研究で指摘されている一方で、その反対の研究結果も発表されており、臨床での意思決定に必要なエビデンスが不足していました。

研究チームは、2013年11月までに医学論文データベース「Medline」及び「Web of Science」に掲載された英文論文を系統的・網羅的に検索した結果、得られた258論文のうち、参入・除外基準を満たした介入研究7編と観察研究32編のデータを集めメタアナリシス解析を実施。介入研究7編の解析の結果、ベジタリアンの食事パターンはコントロール群と比較し、収縮期血圧および拡張期血圧ともに血圧降下と関連することを明らかにしました。(図1、2)。

また、観察研究32編の解析においても、ベジタリアンの食事パターン群は収縮期血圧で6.9mmHg、拡張期血圧で4.7mmHg低いという結果になりました。

植物性の食品を中心に摂取するベジタリアンの食事パターンは、複数あることから(乳製品や卵・魚を食べるベジタリアンの食事パターンもある)、今後は血圧降下との関連が強いベジタリアンの食事パターンを特定し、臨床現場でより具体的な食事指導につながる知見の構築を目指します。

20140225-press-01.jpg

【図1】ベジタリアンの食事パターンと収縮期血圧のメタアナリシス
ベジタリアンの食事パターン群では、収縮期血圧がコントロール群と比較して4.8mmHg低下していました。ダイヤはメタアナリシスによる統合した結果を示すものとします。

20140225-press-02.jpg

【図2】ベジタリアンの食事パターンと拡張期血圧のメタアナリシス
ベジタリアンの食事パターン群では、収縮期血圧がコントロール群と比較して2.2mmHg低下していました。ダイヤはメタアナリシスによる統合した結果を示すものとします。

最終更新日 2014年02月27日

ページ上部へ