ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 心臓リハビリ・運動療法は腎機能改善にも効果が高い

心臓リハビリ・運動療法は腎機能改善にも効果が高い

平成26年1月28日

国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センターの後藤葉一循環器病リハビリテーション部長らの研究チームは、急性心筋梗塞患者の心臓リハビリテーション及び運動療法が運動能力だけでなく腎機能指標も改善することを初めて明らかにしました。本研究の成果は日本循環器学会誌のCirculation Journalのオンライン版には平成25年11月12日に、同誌の紙媒体には平成26年1月25日に掲載されました。

慢性腎臓病の患者数は約1,330万人と言われており、虚血性心疾患など動脈硬化性疾患を発症する頻度が高く発症や進行の防止が大きな課題となっています。一般に虚血性心疾患の発症や動脈硬化の進行を防止するためには運動療法が推奨されていますが、慢性腎臓病患者の場合は運動療法が蛋白尿や腎機能障害などを悪化させる恐れがあり、従来は積極的な運動療法は推奨されてきませんでした。

本研究の手法としては、当センターに急性心筋梗塞で入院し3ヶ月間の回復期心臓リハビリテーションに参加した528人について、3ヶ月後の運動能力と腎機能の変化を調査しました。分析に当たっては、患者群を心臓リハビリ開始時の腎機能レベルにより腎機能正常者と慢性腎臓病患者に分類し、さらに慢性腎臓病患者の中で退院後の外来心臓リハビリ参加回数が週1回以上の群(積極的参加群)と週1回未満の群(実質不参加群)に分類しました。

その結果、心臓リハビリ前後の比較によると、腎機能正常者では運動能力が約11%増加し腎機能には変化がなかった一方、慢性腎臓病患者は運動能力が12%改善しただけでなく腎機能も約10%向上しました。(図1)また、慢性腎臓病患者を外来心臓リハビリ参加回数で分類して比較すると、心臓リハビリ積極的参加群では運動能力が13%、腎機能も約10%改善しましたが、実質不参加群では運動能力はわずかに改善したものの腎機能改善はみられませんでした。(図2)

従来は慢性腎臓病患者に対する運動療法を積極的に推進していなかったところ、今回の研究では慢性腎臓病を持つ急性心筋梗塞患者が心臓リハビリ及び運動療法に参加することで、運動能力だけでなく腎機能指標も大きく改善すると判明しました。腎機能が悪い急性心筋梗塞患者も退院後に積極的に外来心臓リハビリに参加することが望ましいと明らかになったことで、今後は診療ガイドラインの作成等に活用できると期待されています。

【図1】心臓リハビリ前後の比較

当センターに急性心筋梗塞で入院し3ヶ月間の回復期心臓リハビリテーションに参加した528人を腎機能で分類すると、3ヶ月間の心臓リハビリ後に、腎機能正常患者(eGFR≧60、348人)では腎機能は変化しなかったのに対し、腎機能低下を示す慢性腎臓病患者(eGFR<60、180人)では腎機能が約10%改善しました。

20140128-01-press.jpg

【図2】外来心臓リハビリ参加回数による比較

慢性腎臓病をもつ患者180人を外来心臓リハビリ参加回数で分類すると、週1回未満参加の実質不参加群(平均週0.5回、70人)では腎機能の有意な改善は見られなかったのに対し、週1回以上の積極的参加群(平均週1.9回参加、110人)では腎機能は約10%改善しました。

20140128-02-press.jpg

最終更新日 2014年01月28日

ページ上部へ