ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 京都でも国循のレシピにもとづいた 「適塩(てきえん)デリカ」のお弁当の販売

京都でも国循のレシピにもとづいた 「適塩(てきえん)デリカ」のお弁当の販売

株式会社 大丸松坂屋百貨店

独立行政法人国立循環器病研究センター

株式会社グローカルフード

デリケア株式会社

株式会社大丸松坂屋百貨店(以下、大丸松坂屋百貨店)は、お客様への健康増進・生活習慣病予防への取組みの一環として、「適塩(てきえん)デリカ『健』すこやか」お弁当の販売を第一弾として大丸梅田店にて7月17日にはじめました。そして、このたび大丸京都店にて9月4日に販売を開始します。京都では、初めての展開となります。

このお弁当は、独立行政法人国立循環器病研究センター(以下、国循)※1が創りだしたレシピ・調理ノウハウをデジタルデータ化して組み込んだ株式会社グローカルフード(以下、グローカルフード)の経営・調理支援システム「G-クッキングシステム」※2を用い、デリケア株式会社(以下、デリケア)が「安全・安心」「美味しく」調理したものです。

国循では平成17年から1日の塩分摂取量が合計6グラム未満(1食2g未満)となる食事を入院患者さんに提供しています。この食事は塩分を控えながら素材そのものの旨みを引き出す京料理の手法を活用することで、一般的な食事と同等のしっかりとした味付けがなされており、入院患者さんからその美味しさに高い評価をいただいているものです。入院患者さん以外の方々も口にすることができるように、また、そのような場をつくることで循環器病患者さんやそのご家族の方々を含め広く社会に役立つように、国循ではかねてより病院外での料理教室の開催や塩分の少ないお弁当の提供などを企業とも連携して取り組んでいます。

商 品 名:「適塩(てきえん)デリカ『健』すこやか」

価   格:450円〜1,300円(消費税込)お弁当の種類によります。

販売開始日:平成25年9月4日(水) 午前10時〜

試食提供 :平成25年9月4日(水)〜10月3日(木)お客様に試食提供します。

販売場所:大丸京都店 地階食品売場

販売種類:販売は10種類

※1 「国立循環器病研究センターのレシピ」
日本人の塩分摂取量は約11グラム/日と世界的にみても高く、成人の3人に1人、高齢者の3人に2人は高血圧です。塩分の取り過ぎは血圧を上げ、脳卒中や心臓病の危険性を高めることになります。京都で修業した国循の調理師長らが創りあげたレシピは、塩分の適切なコントロールとともに栄養バランスやカロリー摂取も考慮されたものであり、繊細で深みのある味わいと見た目の美しさに定評があります。

※2 「G−クッキングシステム」
クラウド上に保有しているデジタルレシピをインターネット配信し、そのデジタルレシピを厨房内の画面に表示し、その画面に従ってスチームコンベクションを使うことで誰でも簡単に本格的な調理ができるシステム。食材の受発注やレシピと連動した個人別の栄養管理をする機能を有しており、調理に関する業務全般を支援することができます。国循とグローカルフードとの共同研究を通じて、G-クッキングシステムに塩分を控えたレシピを組み込むことができました。このシステムの開発・普及は、経済産業省新連携認定事業になっています。

20130710-bento01.jpg 20130710-bento02.jpg
20130710-bento03.jpg

このお弁当は、1食、塩分2グラム未満、600キロカロリー以下で栄養バランスも考えたヘルシーメニューのお弁当版です。

最終更新日 2013年08月29日

ページ上部へ