ホーム > 広報活動 > プレスリリース > 被災地の循環器予防のための市民公開講座-脳卒中と心臓病予防は良い生活習慣から-の開催結果について

被災地の循環器予防のための市民公開講座-脳卒中と心臓病予防は良い生活習慣から-の開催結果について

2012年2月28日

国立循環器病研究センター
理事長  橋本信夫

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:橋本信夫、略称:国循)では、東日本大震災の被災地である岩手県宮古市において、岩手県栄養士会、岩手医科大学との共催で、循環器病予防のための市民公開講座を実施しましたので、その概要を情報提供いたします。

詳細はこちらをご覧ください。

最終更新日 2012年03月15日

ページ上部へ