ホーム > トピックス > 「国立循環器病研究センター研究所 健都移転記念シンポジウム」を開催しました

「国立循環器病研究センター研究所 健都移転記念シンポジウム」を開催しました

令和元年7月26日
国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センター研究所の健都への移転と開所を記念して、海外から5名の研究者を招聘し、研究所シンポジウムを開催いたしました。当日は、200名が参加され、先端的研究の紹介のみならず、参加者の積極的な討議によりシンポジウムは盛会となりました。また、昼食時には、サイエンスカフェで招聘研究者と日本の若手研究者の交流の場も設けることができました。

ご講演をいただいた先生方(発表順)

Christer Betsholtz (Uppsala Univ.)
Hellmut Augustin (Univ. of Heidelberg)
Ralf Adams (Max Planck Institute, Munster)
Didier Stainier (Max Planck Institute, Bad Nauheim)
Kari Alitalo (Helsinki Univ.)

プログラム

10:00 Opening Remarks Dr. Hisao Ogawa (President of NCVC)

10:15 Lecture 1 Dr. Christer Betsholtz
"Vascular biology from the perspective of single cells"

11:00 Lecture 2 Dr. Hellmut Augustin
"Building and maintaining organotypic vasculatures:
The liver vasculature in health and disease"

12:00 LUNCH at the Science Café Round table discussion

13:30 Mini-tour in the Research Institute

14:00 Lecture 3 Dr. Ralf Adams
"Organ-specific and functional specialization of vascular cells"

14:45 Lecture 4 Dr. Didier Stainier
"Biological Robustness: genetic compensation and transcriptional adaptation"

15:45 Lecture 5 Dr. Kari Alitalo
"A new pathway for coronary revascularization"

16:30 Closing Remarks Dr. Naoki Mochizuki

ページ上部へ