ホーム > 各部のご紹介 > 分子薬理部

分子薬理部

研究概要

分子薬理部では、循環器疾患の制圧にむけて、本疾患の診断・治療および予防に貢献することを目的に、生理活性ペプチドからのアプローチ、薬理学的アプローチ、遺伝生化学的アプローチから、日夜、研究をすすめています。

情報制御研究室は、質量分析法を活用して新しい生理活性ペプチドを探索しています。生理活性ペプチドは生体の機能を調節する因子で、細胞内で作られたタンパク質から切断されて生じます。ペプチドホルモンは生理活性ペプチドの一種です。心血管系の情報伝達や機能制御を担う生理活性ペプチドもあります。新しい因子の発見は新しい診断法・治療法の開発をはじめとして様々な波及効果があります。

薬効代謝研究室は、新しい薬理活性を有する分子とホルモンの研究、特に、循環器病を含む生活習慣病の、新しい発症進展抑制の原理を用いた治療予防方法の開発を目指した研究を進めています。ヒト心血管血球系細胞の生存‐増殖‐分化‐細胞死間の制御分子機構を対象として、ヒト循環器病の発症進展機構の理解、および治療法の基礎に繋がる新規分子機構の解明と応用に挑んでいます。

構造機能研究室は、動脈硬化症発症の主要原因である脂質代謝異常について研究を実施してきました。特に中性脂肪代謝に着目して、高トリグリセリド血症のテイラーメード予防法(個々人に見合った予防法)を確立するために、血清トリグリセリド分解酵素の測定系の開発、遺伝子診断のための日本人における変異の集積、遺伝因子と環境因子の解析を継続して実施してきました。その成果に基づき網羅的成因解析システムの開発も進めています。

研究テーマ

情報制御研究室

1. 質量分析を活用する生理活性ペプチドの探索
1-1. 質量分析を用いた分泌ペプチドのプロファイリングと生理活性ペプチドの探索
1-2. ペプチドのプロファイリングからタンパク質の個別研究へ

薬効代謝研究室

2. ヒト循環器系細胞の新しい制御分子機構の解明
2-1. ヒト血球血管細胞の新しい制御分子機構の解明
2-2. ヒト血球細胞を標的とした新しい予防治療原理に関する研究

構造機能研究室

3. 循環器疾患の危険因子である高トリグリセリド血症の病因解明
3-1. 動脈硬化惹起性高トリグリセリド血症の網羅的成因解析システムの開発とその臨床応用
3-2. 肝性トリグリセリドリパーゼ (HTGL)の生理機能解明と動脈硬化惹起性リポタンパク産生機構の解明

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ