ホーム > 各部のご紹介 > 分子生理部 > 教育

分子生理部

大学院教育

分子生理部では、奈良県立医科大学大学院修士・博士課程の大学院講座(循環器システム医科学)を開設しています。また、立命館大学生命科学部との連携大学院活動も開始し、両大学の大学院生が研究室で活動中です。
これまでに修士課程修了後の就職を希望する学生、博士号を取得して研究職を目指す学生、臨床トレーニングを終えた若手医師などが研究を行ってきました。出身大学の学部は問いません。興味を持ってくださった方は、ぜひお問い合わせください。

博士研究員

分子生理部では、若手研究者(博士研究員)の参加を随時募集しています。海外留学前に経験を深めるステップとして、もしくは国内のスタッフポジション獲得を目指して研究を発展させるため、研究に専念できる環境に身を置くことは重要です。ぜひ気軽にお問い合わせください。
特に、国立循環器病研究センターには「流動研究員」と呼ばれる博士研究員ポジションがあり、毎年秋から次年度の募集が始まります。応募希望の方は事前に分子生理部にご相談ください。

分子生理部ロゴ

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ