ホーム > 研究について > 受託共同研究・共通利用機器など

受託共同研究・共通利用機器など

国循センター内の受託共同研究および共通利用機器に関する利用規定・利用申込書・共同研究申込書は、グループウェアGaroonの「オミックス解析」からダウンロードしてください。



共同研究としての受託解析

1.RNA-seq

  • 次世代シーケンサNextSeq 500(ORCに設置)
  • 次世代シーケンサHiseq2500/3000(大阪大学微生物病研究所に設置)
    Hiseq2500/3000を用いた解析は阪大微研との連携協定に基づいて行われます。

2.質量分析計を用いたペプチド・タンパクの解析

  • 第二世代デュアルTIMSアナライザー(timsTOFpro)
  • タンデム型質量分析計(TripleTOF 5600)
  • リニアイオントラップ型質量分析計(QTRAP5500)

共通利用機器

  • 次世代シーケンサ (MiSeq)
  • パイロシーケンサ(PyroMark Q48)
  • デジタルPCR装置 (QX200)
  • Fast Real-Time PCR System (7900HT)
  • マイクロアレイスキャナー (iScan)
  • 全自動キャピラリー電気泳動装置(Wes)
  • プレートリーダー(SpectraMax M2e)
  • 質量分析計(TOF/TOF 5800)
  • 全自動ハイスループット電気泳動装置(4200 TapeStation)
  • 全自動キャピラリー電気泳動装置(Fragment analyzer)
  • シークエンス解析ソフト(CLC Workbench)
  • ゲル撮影装置(WSE-5200 Printgraph 2M)

その他の研究機器

  • パッチクランプステーション (pClamp11) 2台
  • HSオールインワン顕微鏡 (BZ-9000)
  • 多点平面微小電極システム (MED64)
  • 音波撹拌・破砕機器(Covaris)

最終更新日 2019年09月19日

ページ上部へ