mainVisual

ホーム > 研修・セミナー・イベント > 循環器病エキスパートナース育成課程

循環器病エキスパートナース育成課程

当センターは、「心臓」と「脳」に関する疾患の研究・治療をトータルに行う最高水準の循環器病専門医療施設です。高度専門医療研究センターとして、日本の循環器医療及び看護を牽引するという役割を担っております。こうした中で、循環器病医療を担う人材の育成や教育研修を、重要な役割であると位置付けており、循環器病に係るさまざまな専門家とリーダーを育成するとともに、循環器病医療の均てん化の推進を使命としています。

看護の実践においては、従来、厚生労働省主催の位置づけで循環器病診療に従事する医師、看護師等の研修を実施してまいりましたが、短期間の研修では十分に専門性を高めることができないというご意見を頂いておりました。

そのため看護師については、1年単位での研修として、多くの方々の研修参加を頂き、その後各施設において、リーダーとしてご活躍されることを願っております。

目的

看護職員に対する循環器病看護における指導的役割が果たせる能力を養う。

場所

国立研究開発法人 国立循環器病研究センターの集中治療室、一般病棟、手術室など

コースの種類

  1. 心臓血管内科集中治療室看護
  2. 心臓血管外科集中治療室看護
  3. 脳卒中集中治療室看護
  4. 周産期、新生児集中治療室看護
  5. 小児先天性心疾患看護
  6. 手術室看護
  7. インターベンション看護
  8. 心臓移植および補助人工心臓装着看護

コースの詳細はこちらからご確認ください

対象

① NCおよびNHOの各施設の長、または看護の長が推薦する臨床経験4年以上の看護師、助産師

② 上記①以外の施設の長、または看護の長が推薦する臨床経験4年以上の看護師、助産師

期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日( 1年コース )
平成29年4月1日~平成31年3月31日( 2年コース )

プログラム

配属場所の研修期間の到達目標に基づき、知識と技術を習得する
1.各コースの病棟での看護実践
2.当院の実務研修への参加
3.当院で実施される院外対象者研修

待遇

  • 対象①については、異動の形式による採用(給与は当センター規定で支給) コース修了後は、派遣元の施設に復帰することを条件に採用する。
  • 対象②については、ご相談に応じます。

宿舎

当院宿舎規定に基づく。

その他

  1. コース修了後に「循環器病エキスパートナース育成課程修了書」を交付する。
  2. NCおよびNHOの職員においては、条件が満たされれば、それまでの経験や研修受講内容等を総合的に看護部で評価し、「国立循環器病研究センター専門看護師(CVEN)」の認定試験の受験資格が与えられる。認定試験に合格した場合、「国立循環器病研究センター専門看護師(CVEN)」の認定証を交付する。
  3. NCおよびNHOの職員においては、幹部看護師任用候補者選考試験においても、一定の要件が満たせば研修受講、受験も可能とする。

申込方法

下記の必要書類を準備し、平成29年1月末日までに下記あて送付してください

  1. 循環器病エキスパートナース育成課程受講調書   1部
  2. 所属施設長の推薦理由書(施設長印のあるもの)  1部
  3. 履歴書(写真添付のこと)            1部
連絡・送付先
〒565-8565
 大阪府吹田市藤白台5-7-1

   国立研究開発法人 国立循環器病研究センター
   看護部長室
   教育担当副看護部長  松坂 由美子
    TEL: 06-6833-5012
    E-mail:

最終更新日 2016年12月19日

  • 循環器病情報サービス
  • 研修・セミナー・イベント
  • インターンシップ・説明会・見学会
  • 職員募集専用サイト
ページ上部へ