ホーム > OIL・サイエンスカフェについて

OIL・サイエンスカフェについて

サイエンスカフェ

国立循環器病研究センターには、産学官 の様々な人が集まり交流する場として「サイエンスカフェ」があります。ここからオープンイノベーションにより社会に役立つ革新的医薬品・医療技術を生み出します。詳細は下記ホームページをご確認ください。
<サイエンスカフェクラブ・ホームページ> http://www.science-cafe.jp

オープンイノベーションラボ(OIL)

国循と協働する研究拠点を一つ屋根の下に実現したOILでは、民間企業、大学などの外部機関が、予防・診断・治療およびこれらに関する当研究センターの研究実績を活かして、循環器疾患領域をはじめ生活習慣病を含めた健康維持・増進に関する幅広い分野において共同研究などを行っています。健康寿命の延伸を目指し、その成果が社会へ適切に還元されるように取組を進めます。

OILフロアでは国循の医師・研究者らとの密接な連携体制の構築が可能であり、研究成果の事業化を通じて、長期的に持続可能な複合産業医療拠点(医療クラスター)となるための一翼を担っています。企業・大学・研究機関が結集し、循環器分野での強みも活かした各々の知識と技術を組み合わせ、新しい医薬品や医療機器の開発につなげていくという、オープンイノベーションの仕組みづくりに取り組んでいます。

※「サイエンスカフェ・セミナー室(4F)」、「トレーニング・センター(2F)」等の設備もラボフロアの近くにあります。

※入居条件等は直接お問い合わせください。

入居企業(五十音順)

一般社団法人日本循環器学会
大阪薬科大学※令和3年4月より大阪医科薬科大学
株式会社クロスエフェクト
株式会社フィリップス・ジャパン
株式会社LSIメディエンス
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
サラヤ株式会社
セコム医療システム株式会社
ソフトバンク株式会社
第一三共株式会社
帝人株式会社
東和薬品株式会社
ひむかAMファーマ株式会社
リードファーマ株式会社
CSLベーリング株式会社
GEヘルスケア・ジャパン株式会社
JSR株式会社

最終更新日 2020年12月16日

ページ上部へ