ホーム > 組織・各部の紹介 > 知的資産部

知的資産部

概要

知的資産部は、臨床ニーズ、研究成果、人材、ネットワークなどの知的資産を活用し、新しい医療機器・医薬品・医療周辺サービスを患者に提供できるようにすることを目指しており、循環器医療に係る社会全体に貢献することを念頭に運営しています。また、2015年からは特許など知的財産管理や、共同研究契約など研究開発・製品化に関わる一連の契約も担っています。

具体的には、① 産学連携手法の開拓に向けた社会科学的アプローチ、② Unmet臨床ニーズの探索、③ 製品化に向けた企業などとのネットワーク構築、④ 競争的研究資金の獲得支援、⑤ 薬事を踏まえた研究成果の製品化ロードマップのデザイン、⑥ 知的財産などの管理と戦略的運用手法の形成、⑦ 知的資産価値を高めるためのITの戦略的活用、⑧ 医療の周辺領域を含めた新しいサービス産業の振興、⑨かるしお、⑩共同研究契約・実施許諾契約など研究開発・製品化に関わる一連の契約、⑪寄附金の管理などを実施しております。さらには、これらから導かれた成果については学会発表等も積極的に展開しており、新たな知見の体系化・共有化を図っているところです。

知的資産部のご案内

イメージ



パンフレット

pamphlet
知的資産部のご案内(3.3MB)

知的資産部へお越しの方へ

交通アクセスをご参照いただき当センターへお越しください。
知的資産部は医療クラスター棟2階にあります(下図参照)。
当センター研究所本館と図書館の間にあります医療クラスター棟までお越しください。
ご不明な場合は内線3210までお問い合わせください。

[印刷用PDF(266KB)]

新聞・テレビ・メディア

2015年11月09日 MONOist「国立循環器病研究センターがISO13485を取得「研究成果を早期に製品化する」」
2015月11月07日 Red Fan ONLINE「国立循環器病研究センター、医療機器設計開発管理に関する国際規格を取得」
2015月10月20日 日経デジタルヘルス「衝撃的な翻訳本『バイオデザイン』」
2015年10月13日 プレスリリース「国循のかるしお手帳 発売しました」
2015月10月7日 「バイオデザイン日本語版」が刊行されました。翻訳ボランティアとして貢献しています。
2015年9月28日 日経デジタルヘルス 「国循×デザインが生んだ、普段使いのアイウェア」
2015年8月28日 日経デジタルヘルス 「国循の「かるしお認定」、みそで初の取得商品」
2015年3月20日 共同通信ほか「「健康生活認証」事業スタート 博報堂×国立循環器病研究セン ター」
2015年3月6日 毎日放送「いっぷく」減塩による循環器病の予防、かるしお関連活動の取り組み、病院食、など

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ