ホーム > 病気について > 脳卒中

脳卒中

  1. 脳卒中とは
  2. 脳卒中の症状
  3. 脳卒中を疑ったら
  4. 病院での検査、治療
  5. 脳卒中の予防

1. 脳卒中とは

脳の血管が破れるか詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。より早期(3時間以内が目安です)に治療を開始すると後遺症が軽くなることがある、救急疾患です。

原因によって、(1)脳梗塞(脳の血管が詰まる)、(2)脳出血(血管が破れる)、(3)くも膜下出血(動脈瘤が破れる)、(4)一過性脳虚血発作(TIA)(脳梗塞の症状が短時間で消失する)の4つに分類されます。

  1. 脳梗塞:
    脳梗塞の過半を占める病型です。脳動脈の閉塞ないし、狭窄に伴って神経細胞に血液が十分に供給されなくなり、神経細胞が障害されます。病態により「ラクナ梗塞」「アテローム血栓性脳梗塞」「心原性脳塞栓」の3つの病型に分けられます。「ラクナ梗塞」「アテローム血栓性脳梗塞」は脳血栓症の範疇に入り、細い血管の動脈硬化によるものをラクナ梗塞、太い血管の動脈硬化によるものをアテローム梗塞と言います。心原性脳塞栓症は心臓内にできた血栓などの異物が血液の流れにのって脳に届き、脳動脈をつめて起こります。突然大きな血管が閉塞することが多く、3つの病型のなかでは最も急激に症状が現れ、重症であることが多いです。
  2. 脳出血:
    脳動脈が破れ、あふれでた血液が神経細胞を障害することで、症状が出現します。細い血管(細小動脈)がおもに高血圧に由来する動脈硬化で痛み、破綻して起こります。細小動脈は脳内に入り込んでいるので、出血は脳内に広がります。
  3. くも膜下出血(詳細は別項目参照):
    脳動脈の破れにより症状が出現しますが、破れる血管は脳の表面を走る主幹脳動脈で、血管の一部が瘤状に膨れた脳動脈瘤が破裂します。動脈瘤が破裂すると、脳の表面を覆うくも膜という薄い膜の内側に出血します。くも膜下出血は脳卒中の中では死亡率が高く、重症な病態です。
  4. 一過性脳虚血発作:
    脳梗塞と同じ機序で起こった神経症状が24時間以内に消失する状態をいいます。ほとんどの場合は1時間以内に症状が消失しますし、数分間の発作で済んでしまう場合も少なくありません。一過性脳虚血発作は脳梗塞の前触れ発作として重要ですが、治療を行わず放置すると脳梗塞を引き起こす可能性が高いです。脳梗塞を起こす前に適切な治療を開始すると、脳梗塞を予防できる可能性が高まります。
脳梗塞とは?
拡大表示できます。(115KB)
頭蓋内出血とは?
拡大表示できます。(91KB)
一過性脳虚血発作(TIA)とは?
拡大表示できます。(114KB)

http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/scd/cerebrovascular/tia-torikumi.html(一過性脳虚血発作 (TIA)に関する当院の取り組み)

2. 脳卒中の症状

脳は部位ごとにつかさどる機能が様々ですので、脳卒中では障害される部位により、様々な症状が現れます。

脳のしくみと働きの図
拡大表示できます。(74KB)
脳のしくみと働きの図
拡大表示できます。(83KB)

日本脳卒中協会や米国の脳卒中キャンペーンでは、脳卒中を疑う5つの典型的症状をあげています。

  1. 片方の手足・顔半分の麻痺・しびれが起こる(手足のみ、顔のみの場合もあります)

    片方の手足がしびれる
  2. 呂律が回らない、言葉がでない、他人の言うことが理解できない

    呂律が回らない 言葉が出ない、他人の言う事が理解出来ない
  3. 力はあるのに、立てない、歩けない、フラフラする

    フラフラする
  4. 片方の目が見えない、物が二つに見える、視野の半分が欠ける
    片方の目にカーテンがかかったように、突然一時的に見えなくなる

    片方の目が見えない
  5. 経験したことのない激しい頭痛がする

    激しい頭痛

重症な時には意識が悪くなることもあります。こうした症状のうち、1つだけが出現することもありますし、いくつかの症状が重複する場合もあり注意が必要です。もし、ご自分や周囲の人にこのような症状がみられましたら、一刻も早く専門医を受診してください。

脳卒中以外の病気でも、このような症状が突然現れる場合がありますが、「普段の病態とは明かに違う」ならば、緊急受診する方が無難です。

act-fast

最近では、より簡潔に、3つの症状を取り上げたFASTという標語も良く使われます。米国脳卒中協会では、脳卒中を疑う人を見たら、3つのテストをするように勧めており、その頭文字を取ってFASTと読んでいます。

act-fast
画像をクリックすると拡大表示できます。

(平成22年度循環器病研究開発費「新しい脳卒中医療の開拓と均てん化のためのシステム構築に関する研究」班http://kintenka.stroke-ncvc.jp/index.html より)

3. 脳卒中を疑ったら

可能なかぎり早く病院を受診しましょう。なるべく早く診断をつけ、治療を開始することで、後遺症が軽くなる可能性があります。脳梗塞では、発症してから、4.5時間以内、8時間以内の患者さんのみに行える特殊な治療があります(2012年9月からt-PA静注療法の対象患者が発症後3時間から4.5時間に延長されました)。治療を開始するには検査が必要で、1時間程度かかります。症状が出現してから遅くても2時間以内を目安に、可能なかぎり速やかに病院を受診しましょう。

脳卒中が疑われる場合には、脳への血流を保つために、横にすることが原則です。意識がない時には、楽に呼吸ができ、吐いたものが喉につまらないよう、側臥位にして、直ちに119番に電話し、救急車を呼びましょう。

4.病院での検査、治療

    1. 検査:問診、診察、採血、心電図、胸部レントゲン、頭部CT、頭部MRI、頸動脈エコー、心エコー検査などを行います。

      頭部MRI

  1. 治療:点滴・内服治療がメインになります。病態に応じて、脳梗塞の症状増悪や再発を予防する「抗血栓薬」、神経細胞を保護し、傷むのを遅らせる「脳保護薬」、頭のむくみを改善させる「抗脳浮腫薬」、などを点滴し、血圧、体温、脈拍などの全身状態の管理も行います。日常生活動作の改善目的にリハビリも行います。

    薬物療法 理学療法
  2. 脳梗塞急性期(4.5時間以内、8時間以内)のみに施行される治療
    下記に示すt-PAという点滴や、血管内治療などが行われます。これらの治療を受けるには、治療効果を見込む厳密な適応基準が決められています。発症早期に来院されても、これらの治療の適応とならない場合には、従来通りの点滴・内服治療を行うことになります。
  • ① t-PA:組織型プラスミノゲン・アクティベーター(tissue-type plasminogen activator: t-PA)という薬を点滴して、血栓を溶かし、脳血流を再開させます。t-PAを使用すると、 3ヶ月後に自立した生活を送れる患者さんが、使用しなかった時と比べて50%増加します。脳梗塞により脳神経細胞が死にいたる経過は早く、適切なタイミングを逃してt-PAを使用すると、逆に出血などの合併症で症状が悪くなる危険があります。症状が起こってから4.5時間以内に治療が開始できる患者さんのみが、治療の対象となります。2005年10月から日本で認可されて、発症後3時間以内の患者さんに使用されていましたが、2012年9月より治療対象時間が4.5時間に延長されています。
脳梗塞の治療 超急性期脳梗塞に対するt-PAの効果
  • ② 血管内治療:脳血管に詰まった血栓を特殊なカテーテルを用いて、摘出する治療です。閉塞している血栓を、メルシーリトリーバーというコイルに絡めて摘出したり、ペナンブラシステムという吸引器を用いて吸引します。発症してから8時間以内に治療が開始できる患者さんのみが、治療の対象となります。 メルシーリトリーバーを用いた治療は2010年10月から、ペナンブラシステムを用いた治療は2011年10月から認められている、新しい治療法です。
進化する脳梗塞急性期治療

http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/scd/cerebrovascular/emergency-medicine.html(4.5時間を過ぎても、専門的な脳梗塞救急治療が重要です)

5. 脳卒中の予防

脳卒中の5大危険因子

  1. 高血圧:
    血圧が140/90mmHg以上のことです。この数値以下でも、数値が高めの人は注意が必要です。脳の血管の大きな負担となり、動脈がもろくなり、詰まったり、破れたりしやすくなります。塩分を多く摂るほど高くなりますので、食事の塩分を極力少なくしてください。
  2. 糖尿病:
    近年の食生活の欧米化により患者さんが増えています。摂取カロリーを低く抑える必要があります。食事は1日3回バランス良く食べ、間食や油料理を減らし体重のコントロールを行ってください。
  3. 脂質異常症:
    特に悪玉のLDLコレステロールが高い人は、脂肪の摂取を制限する努力が必要です。油料理を減らし、豆類、芋類、海草、キノコ、根菜類などコレステロールを下げる食べ物を多く摂取しましょう。
  4. 不整脈(心房細動):
    心臓の中にできた血栓が、心臓から脳に飛ぶことで脳の動脈を閉塞させます。ワルファリンなどの抗凝固薬を用いることで血栓が作られなくなり、脳梗塞を予防することが可能です。
  5. 喫煙:
    ニコチンが血圧を上昇させたり、動脈硬化を促進すると言われています。百害あって一利なしです。

そのほか、男性、高齢者、肥満、過度の飲酒、運動不足などが脳卒中の危険因子としてあげられます。

治療の基本は規則正しい生活を送り適度な運動を行う生活習慣の改善と、食事療法です。食事療法によっても十分な改善が見られないときには、降圧薬、血糖降下薬、脂質低下薬などの薬物療法を併用する必要があります。

脳卒中発作を起こした人の再発率は、年間5-10%程度とかなり高いことがわかっています。再発の危険性を考え、主治医の先生から処方された薬の内服を継続しましょう。

<脳卒中の予防が重要な理由>

  1. 脳卒中は日本人の死因の第3位を占める
  2. 生存者にも、しばしば重篤な後遺症が残る
  3. 寝たきり等、要介護者の原因の3割以上を占める
  4. 高齢化とともに、患者数の増加が予測されている
  5. 国民医療費の1割を占めている
    ⇒脳卒中は社会的負荷の最も重い疾患です

最終更新日 2013年06月21日

ページ上部へ