国立循環器病研究センターは、新しく生まれ変わります

ホーム > 建替情報 > 医療クラスター形成会議の設置について

医療クラスター形成会議の設置について

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:橋本信夫、以下「センター」という。)は平成30年度を目処とする吹田操車場跡地への移転に備えて、関西経済界・医療産業界、大学・研究機関、中央省庁、地元自治体等に呼びかけ、移転用地及びその周辺地域において医療クラスター形成を図るための今後の方向性について、大所高所から意見交換する場として医療クラスター形成会議を設置し、5月28日に第一回会議を開催しました。

資料1:医療クラスター形成会議の設置(案)【PDF: 183KB】
資料2:医療クラスター形成に関する基本的な考え方(案)【概要】【PDF: 179KB】
資料2:医療クラスター形成に関する基本的な考え方(案)【PDF: 1.28MB】
資料3:吹田市「健康・医療のまちづくり」基本方針【PDF: 248KB】
参考資料1:国循移転用地周辺マップ及びアクセスマップ【PDF: 4.27MB】
参考資料2:国循移転用地周辺ゾーニング図【PDF: 554KB】
参考資料3:移転建替後の国循 イメージ図【PDF: 5.44MB】
参考資料4:吹田操車場跡地まちづくり 項目別スケジュール【PDF: 118KB】
参考資料5:基本協定書および基本協定書の確認書【PDF: 182KB】
参考資料6:移転基本構想概要【PDF: 3.35MB】
参考資料7:最先端の、その先へ【PDF: 1.14MB】
参考資料8:関西地域の主な医療・バイオクラスター【PDF: 331KB】
議事要旨:第1回医療クラスター形成会議【PDF: 254KB】

最終更新日 2014年06月27日