ホーム > 震災関連情報 > 東日本大震災被災地における循環器病対策の提言(第1回)

東日本大震災被災地における循環器病対策の提言(第1回)

 

 平成23年5月13日

国立循環器病研究センターでは、大震災発生当初より対策本部を設置し、被災地に対する医療支援を準備してきました。そして震災後の経過に伴う支援要求の変貌などの実態を把握して、適正かつ効果的な医療支援を実施するための現地調査を計画し、平成23年4月19日から22日にかけて宮城県/山形県に調査チーム第1班(リーダー;野々木 宏)を派遣したところです(⇒「調査チーム活動記録」を参照 pdf 1.3MB)。

今回、このチーム報告を受け、被災地の循環器病を「押さえ込む」という観点から、以下の2項目につき対策の提言を行います。すでに実施されているものについては、重複をご容赦ください。言うまでも無くこれは対策の一部にすぎませんが、被災地での医療の一助となれば幸いです。なお、センターでは、さらに調査チームを派遣し、適宜、提言を続ける予定ですまた提言内容の実施について、循環器病のナショナルセンターとして必要な尽力と協力は惜しみません。

(1) 高血圧症対策の推進

(2)中・小病院~診療所における循環器病診療体制の整備

-----------------------------------------------------------------

 

(1)高血圧症対策の推進

【提言】

① 食品対策:減塩食品、野菜・果物ジュースの推奨

② 血圧の自己管理の推進:家庭用血圧計・記録用紙・解説冊子(血圧・減塩等)の配布、適度の運動の奨励

循環器病の救急診療や外科手術については、拠点医療施設を中心に体制が整いつつあるため、今後は管理・予防診療に係る疾患が重要となると想定されます。なかでも高血圧症は最重要疾患の1つです。

高血圧症はありふれた疾患ながら、ストレスの多い環境下におけるコントロールには細心の注意を要し、既に心筋梗塞や心不全、脳卒中などの高血圧続発症の、被災地での発症が報告され始めています。今回の被災地はもともと塩分摂取量の多い地域であることに加え、避難所の保存食による過剰な塩分摂取等から、特に高齢者の爆発的な続発症増加が危惧されます。また初期の救急主体の医療支援チームの引き上げが始まっているため、今後の被災地の高血圧管理では「食生活と血圧の自己管理」が非常に重要と考えられます。

なお野菜・果物ジュースはカリウムを多く含み、腎からのナトリウム排泄を増加させるので、弱い降圧作用が期待できることが知られています。引きこもりを避け、体を動かすことにも高血圧の予防効果があります。

(⇒ ①の減塩食品についてはこちらを参照:塩を減らそうプロジェクト

(⇒ ②の解説冊子についてはこちらを参照:知っておきたい循環器病あれこれ(84)血圧の話(43)血圧の自己管理(改訂版)

 

(2)中・小病院~診療所における循環器病診療体制の整備

【提言】

① 診療可能な中・小病院~診療所(避難所含む)の施設整備と連携ラインの形成

② ①に基づく循環器病診療専門医の中長期的な巡回や定時派遣

上記の提言①は被災地の最前線診療を担当する施設群を想定していて、避難所の診療施設を含みます。循環器病診療に特化したものではなく、主に行政と医師会や基幹大学、公的病院グループ(国立病院機構、日本赤十字)等の役割と考えます。今回の調査チームの報告では、完全に孤立した私立病院も認められました。またどのような病気をどう治療しているかという、診療実態調査も併せて実施していただきたいと思います。

一方、プライマリケア主体の最前線診療では感染症等が中心ですが、上記の高血圧症の他、虚血性心疾患、不整脈疾患、脳卒中後など、診療と管理に高い専門性を必要とする循環器疾患患者も少なからず含まれると予想されます。従って循環器病診療の専門医が中長期的に被災地の最前線診療に加わること(提言②)の重要性は明らかです。これは循環器病関連の学術団体(循環器学会・心臓病学会等)が主導して、医師登録と統一的コーディネーションをすべきであり、センターもこれに協力します。スタイルは巡回、定時派遣、短期滞在、アドバイザーなどがあり、施設に応じたチーム医療スタイルの検討が必要と思われます。

-----------------------------------------------------------------

 

(付記)避難所等におけるヘルスケアについて

【提言】 粉塵対策の推進

避難所等におけるヘルスケアの問題は、メンタルヘルス(心のケア)を含め多岐にわたりますが、医学的にも生活環境の改善が循環器疾患の発症と悪化の予防に繋がると考えられます。この提言は、ガレキからの粉塵が多くて窓も開けられないという、今回の調査チームへのある避難所からの強い訴えに基づくもので、ここに付記します。

具体的な対策として、粘着テープを使用したごみ取り装置(コロコロ)を、後日センターから当該避難所に送付提供させていただきました(⇒「宮城県石巻市立鹿妻小学校避難所への支援について (pdf 90KB)」を参照)。

最終更新日 2013年03月06日

ページ上部へ