ホーム > 各部のご紹介 > 血管生理学部 > 疾患関連遺伝子の探索:基礎と臨床の融合

血管生理学部

疾患関連遺伝子の探索:基礎と臨床の融合

遺伝子の発現パターンの変化は、遺伝性疾患のみならず生活習慣病も含め、疾患の発症と進展に深く関わっていることが知られています。これら疾患関連遺伝子を明らかにすることは、創薬の標的分子を明らかにする上で極めて重要です。

この問題解決をするために、我々は、二つのアプローチを取っています。一つは、疾患モデル動物を用い、新規の疾患関連遺伝子を同定する方法、もう一つは、微量のヒト臨床検体を用い、既知の候補遺伝子の関与を実際にヒトの疾患で検証することです。我々は心不全と高血圧を主要な研究対象としております。

このような基礎と臨床を一体化させたアプローチこそ、本研究グループの特徴です。

  1. Higashikata T, Yamagishi M, Sasaki H, Minatoya K, Ogino H, Ishibashi-Ueda H, Hao H, Nagaya N, Tomoike H, Sakamoto A.: Application of real-time RT-PCR to quantify gene expression of matrix metalloproteinases and tissue inhibitors of metalloproteinases in human abdominal aortic aneurysm. Atherosclerosis (in press).
  2. Sakamoto A.: Electrical and ionic abnormalities in the heart of cardiomyopathic hamsters: in quest of a new paradigm for cardiac failure and lethal arrhythmia. Mol Cell Biochem 259:183-187, 2004.
  3. Sakamoto A. Molecular Pathogenesis of severe cardiomyopathy in the TO-2 hamster. Exp Clin Cardiol 8:143-146, 2003.
  4. Yasumura Y, Takemura K, Sakamoto A, Kitakaze M, Miyatake K.: Changes in myocardial gene expression associated with beta-blocker therapy in patients with chronic heart failure. J Card Fail 9:469-474, 2003.

最終更新日 2011年03月07日

ページ上部へ