ホーム > 各部のご紹介 > 研究推進支援部 > 研究安全管理室

研究推進支援部

研究安全管理室

業務内容

研究安全管理室は、有害薬品とアイソトープを用いた研究活動を支援するために、研究者に対して法令に基づいた教育訓練と安全管理業務、さらには分析機器の保守点検等を通して、研究の質の向上に努めている。

研究概要

放射線は自然界にあまねく存在しており、生物はその中で生活をし、また進化をしてきた。現在では、その自然放射線に医療や職業上の被ばくも加わってきている。放射線による損傷は細胞やDNAに起きるため、当室では生物学的な方法を用いてその影響評価に関する研究を行っている。また、胎児(胚)の分化への影響についても調べている。

最終更新日 2016年07月15日

ページ上部へ