ホーム > 各部のご紹介 > 細胞生物学部 > 左右軸決定機構

細胞生物学部

左右軸決定機構

心臓は哺乳類でもゼブラフィッシュでも左側に位置している。肝臓は右側に位置するなど単一の臓器では臓器の位置に左右差がある。発生過程で前後軸・頭尾軸・背腹軸に加えて左右軸によって臓器形成・位置決定が行われる。この際に、哺乳類ではNode、ゼブラフィッシュではKupffer's vesicle (KV) 内に存在し、左向きの自動回転を行っているCiliaが左右差を生じさせることが臓器の位置決定につながっている。このKV形成にHippoシグナルが関わり、左右非対称性を生じる機構を調節していることがわかった。

図

緑色蛍光陽性のKV構成内胚葉細胞に赤色陽性のciliaを認める

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ