ホーム > 各部のご紹介 > 分子薬理部 > 薬効代謝研究室

分子薬理部

薬効代謝研究室

2. ヒト循環器系細胞の新しい制御分子機構の解明

循環器病やがんを含む致死性の高い重篤なヒト疾患のほとんどに、シグナル伝達と遺伝子発現が深く関与しています。ヒト身体はこれらの場となるヒト細胞から構成されているため、個体、あるいは臓器や組織を対象とした臨床における医学的・薬理学的制御においても、その多くがヒト細胞の生存、増殖、分化、細胞死、細胞機能保護を基礎とした施術・処方に収束しています。心筋梗塞や脳梗塞など循環器病発症進展の重要な原因にも、動脈硬化性の機能不全、炎症、老化 等を伴った心血管血球系細胞の生存、増殖、分化、細胞死制御異常が挙げられます。薬効代謝研究室では、有効かつ副作用回避が可能なヒト循環器病の先進的制 圧方法の確立を目指して、心血管血球系細胞の生存‐増殖‐分化‐細胞死制御機構を標的とし、タンパク質・ペプチド性および非ペプチド性因子が関与するヒト循環器系細胞の新しい制御分子機構の解明と応用を進めています。

2-1. ヒト血球血管細胞の新しい制御分子機構の解明

心筋梗塞や脳梗塞など循環器病発症進展の重要な原因として、動脈硬化性の機能不全、炎症、老化 等を伴った心血管血球系細胞の生存、増殖、分化、細胞死制御異常が挙げられます。薬効代謝研究室では、有効かつ副作用回避が可能なヒト循環器病の先進的制圧方法の確立を目指して、心血管血球系細胞の生存‐増殖‐分化‐細胞死制御機構を標的とし、タンパク質・ペプチド性および非ペプチド性因子が関与するヒト循環器系細胞の新しい制御分子機構の解明と応用を進めています。

PPARs(ペルオキシソーム増殖剤(PP)活性化受容体)は、糖、脂質、エネルギー代謝だけではなく、肥満、動脈硬化など生活習慣病にも密接に関与しています。実際、糖尿病治療薬としてPPARγアゴニスト(チアゾリジン誘導体:TZD)が、高脂血症治療薬としてPPARαアゴニスト(フィブラー ト系薬剤)が臨床投与されています。PPARδは他のサブタイプと異なり普遍的な発現を示し、個体レベルでの脂肪燃焼、エネルギー代謝促進、抗炎症作用を有することが知られていますが、臨床におけるPPARδを標的とした治療はまだ実用段階に達していません。これまでに遺伝子組換えおよび改変遺伝子導入によって作製した、天然型およびドミナントネガティブ型分子の性質を解析することで、PPARδが膜上(Gタンパク共役型)受容体と拮抗的あるいは協調的にヒト細胞死制御に関与していることを見出しました。また、同様にドミナントネガティブ型分子を利用した解析からPPARδが細胞保護、増殖にも関与していることを見出し、生存‐増殖‐細胞死間の切換えがどのような背景や原理に基づくか、現在、代謝制御系との関連を含め詳細な理解と応用に取組んでいます。 PPARsの作用にはヒトと動物の結果に相違点が多く、さらに未解明の性質が多く存在していることがPPARsがヒトで非常に着目される理由の一つとなっています。PPARsによるヒト循環器系細胞制御作用は、本分子が有している抗炎症性作用、抗動脈硬化作用、およびリガンド依存的な活性制御が可能である などの性質と併せ、多くの利点を含んでいます。本研究課題ではヒト疾患制御の新しい原理探究に興味を持つ方の参加を歓迎しています。

2-2. ヒト血球細胞を標的とした新しい予防治療原理に関する研究

動脈硬化性の循環器疾患の発症・進展において、血球-血管細胞間の相互作用の理解と制御が極めて重要と考えられますが、血球細胞が血管内皮に接着し、それ以降平滑筋層へどのような仕組みでもぐり込むのか、分子機構と原理は殆ど不明のままです。ヒト血球遊走誘導シグナル伝達系および制御因子の同定へ向け、ヒト血球細胞を標的とした循環器病の新しい治療・予防法の確立を目指し研究を進めています。

図

社会貢献:循環器病を含む生活習慣病および厚生労働省指針「心と身体の健康づくり推進」に関する最新の指導

当研究室では、循環器病を含む生活習慣病に関する新しい研究および調査結果と知見を用い、厚生労働省が定める労働安全衛生法さらに、THP(厚生労働省指針「心と身体の健康づくり推進」)・衛生管理に関する最新の指導および社会貢献が可能である。

最終更新日 2016年07月01日

ページ上部へ