ホーム > 各部のご紹介 > 医学倫理研究部 > 研究テーマ7

医学倫理研究部

研究概要

医療において診療と研究は分かち難く、それらは現代の科学技術や社会制度、政策、文化、歴史とも関わる。それゆえ医学研究における研究倫理を、診療における臨床倫理や、現代社会における生命倫理に関連づける考察が求められる。本研究課題では、上記の研究倫理に関する諸課題にとどまらず、診療において医療従事者と患者が直面する諸問題を中心とする臨床倫理に関する研究と教育を行い、さらに現代の医療と医科学技術をめぐる制度や政策、文化、歴史へと広がる生命倫理の総合的研究に取り組んでいる。

関連成果

  • Shimizu, U. Refining the arguments for precautionary principle as a decision approach. The Journal of Philosophical Ideas Special Issue, 2017; 153-180.
  • 會澤久仁子. 自宅で孤独死すること。施設で家族に看取られず死を迎えること。どちらが幸福なのか?浅井篤編. 少子超高齢社会の「幸福」と「正義」. 日本看護協会出版会. 2016: 136-143.
  • Aizawa K, Asai A, Bito S. Defining life-prolonging treatment through Neo-Socratic Dialogue. BMC Med Ethics, 2013; 14:51.
  • Aizawa K, Asai A, Kobayashi Y, Hoshiko K, Bito S. Neo-Socratic dialogue on fairness in the healthcare system, Eubios J Asian Intern Bioethics, 2013: 23(5), 167-71.
  • 會澤久仁子. 認知症高齢者をめぐる倫理コンサルテーション. 死の臨床, 2013: 61/36(1): 68-9.
  • Asai A, Kadooka Y, Aizawa K. Arguments against promoting organ transplants from brain-dead donors, and views on life and death of contemporary Japanese. Bioethics, 2012; 26(4): 215-23.
  • 浅井篤, 會澤久仁子, 門岡康弘, 谷田憲俊. 今の日本では尊厳死は無理. ホスピスケアと在宅ケア, 2012: 20(1): 42-53. (Asai A, Aizawa K, Kadooka Y, Tanida N. Death with dignity is impossible in contemporary Japan: Considering patient peace of mind in end-of-life care. Eubios J Asian Intern Bioethics, 2012; 22(2):49-53.)
  • 會澤久仁子. 家族と代理判断. 浅井篤, 高橋隆雄編. 『シリーズ生命倫理学第13巻 臨床倫理』, 丸善, 2012: 143-63.
  • Asai A, Kadooka Y, Aizawa K. Clinical ethics education and a report on an intensive course in clinical ethics, 'Clinical Ethics A to Z'. J Philos Eth in Health Care Med, 2011: 5: 39-54.
  • 浅井篤, 大生定義, 尾藤誠司, 宮田靖, 松井邦彦, 會澤久仁子, 高橋隆雄, 竹之内沙弥香, 西垣悦代, 三浦靖彦, 稲葉一人, Darryl Macer. 医療倫理のポイント(付録). 社団法人日本内科学会認定医制度審議会 研修カリキュラム2011作成委員会編. 『社団法人日本内科学会認定医制度研修カリキュラム2011』, 2011: 422-41.
  • 遠矢和希. 性的マイノリティの家族形成と生殖補助医療. 日比野由利編. 『グローバル化時代における生殖技術と家族形成』, 日本評論社, 2013: 131-51.
  • 遠矢和希. 配偶子ドナーの保護と権利について. 医学哲学・医学倫理, 2012: 30: 68-73.
  • 遠矢和希. iPS細胞由来の生殖細胞作成とARTへの利用における倫理的問題. 生命倫理, 2011: 21.(1): 69-75.
  • Inoue Y, Matsui K. Physicians' recommendations to their patients concerning a novel pandemic vaccine: a cross-sectional survey of the 2009 influenza A/H1N1 pandemic in Japan. Environmental Health and Preventive Medicine, 2011; 16(5): 320-6.

最終更新日 2019年08月16日

ページ上部へ