ホーム > 各部のご紹介 > 分子生物学部

分子生物学部

研究概要

ヒトの体は、37兆個の様々に分化した細胞により構成されていますが、それらは全て同じゲノム(遺伝情報)を持ちます。2003年に30億塩基にのぼるヒトの全ゲノムが解読され、その直後に次世代シークエンサーが登場し、この10年余りの間に、個人の遺伝情報を容易に知ることができるようになりました。これまで遺伝性疾患の研究といえば単一の遺伝子変異によって発症する単一遺伝性疾患が中心でした。ところがヒト全ゲノム情報を入手できるようになると、遺伝子上の様々な変化が疾患発症に影響を及ぼすことがわかるようになってきました。遺伝子はタンパクの設計図と考えられていますが、実際にタンパクに翻訳される領域(エクソン)は全ゲノムの1.5%程度に過ぎません。このエクソン以外の部分の機能については未知の部分が多いものの、タンパクへの翻訳や機能に影響を及ぼしていることがわかってきました。また遺伝子上には変化がないものの、環境因子である加齢やストレスが遺伝子からタンパクへの翻訳(エピジェネティック機構)に影響を及ぼし、生活習慣病やがんの発症に関係していることがわかってきました。分子生物学部では、遺伝子変異から疾患発症までのメカニズムを解明すべく研究を行っています。また、骨格筋の線維型の決定及び維持機構について、モデル動物を用いて解析するとともに、ここ数年で大きく進歩したCrisper-Cas9システムを用いたゲノム編集技術を導入することにより、センター内における疾患モデル動物作成の支援を行っています。

研究テーマ

  1. 遺伝性循環器疾患の病態解明
  2. 骨格筋の線維型決定、維持機構に対する転写共役因子Vgll2の機能解析
  3. 遺伝子改変による、循環器疾患モデル動物の作製支援

最終更新日 2018年12月14日

ページ上部へ