ホーム > 研究職 > 先輩研究者からのメッセージ > 画像診断医学部

画像診断医学部

画像診断医学部 越野 一博

越野 一博

H15.4~H17.9   放射線医学部・流動研究員
H20.4~H22.3   放射線医学部・特任研究員
H22.4~            画像診断医学部・研究員
H25.4~            画像診断医学部室長

私は、平成15年4月から2年半に渡り流動研究員として、国立循環器病研究センター 研究所 画像診断医学部(旧名 放射線医学部)に所属していました。私が流動研究員に応募した動機は、国立循環器病研究センターは、病院と研究所が一体となって、世界でもトップクラスの循環器病研究を行っていることを知り、博士課程在学中に身につけた画像処理の知識と経験によって、医療技術の発展に貢献できればと思ったからです。

画像診断医学部では、PET、SPECTおよびMRIなどの先駆的画像診断装置を用いて、循環器疾患の本態解明や治療戦略の構築、新規治療法の客観的評価への貢献を目指しています。医学をはじめ、薬学、理学、工学など様々な出身分野の研究者が、それぞれの専門的知識を活用し、動物疾患モデルや標識薬剤の開発、撮像装置の開発と性能評価、画像診断方法論の構築などの研究に取り組んでいます。

私自身、専攻していた工学の分野と、国立循環器病研究センターで行われている臨床に密接した、それも最先端の研究とのギャップに戸惑いや焦りを覚えました。応募される方々も私と同じ状況に置かれるかもしれませんが、医療へ貢献したいという強い情熱と努力によって、必ず道が拓けると思います。

最終更新日 2011年03月30日

ページ上部へ