ホーム > 研究職 > 先輩研究者からのメッセージ > 生化学部

生化学部

生化学部 森 健二

森健二 近影

H11.4~H13.3 生化学部・流動研究員
H17.3~H19.3 生化学部・研究員
H19.4~ 生化学部・室長

国立循環器病研究センターは、循環器疾患の究明と制圧を目指す高度専門医療研究センターであり、研究所と病院が一体となって新しい治療法の開発や疾患の原因究明に取り組んでいます。流動研究員が勤務する研究所では、基礎医学研究や医療現場での実践応用を目指した医用工学など幅広い研究を行っているため、医師のみならず色々なバックグランドをもつ多様な研究者が活躍しています。

私の所属する研究グループでは、循環調節や未だ不明な病態メカニズムの解明を目的として新たな生体分子の探索に取り組んでいます。特に、ナトリウム利尿ペプチドのような生理活性ペプチドの探索と機能解析において世界でも最先端の技術力を有しており、近年でもエネルギー代謝調節で重要な役割を果たすグレリンを発見しました。

私は、このような分野では非常に馴染みの薄い工学系研究科を修了後すぐに流動研究員となりました。異分野からの参画のため当初は右往左往しましたが、周囲の先生方からの手厚いサポートもあり、幸いにもニューロメジンSと名付けた新しい神経ペプチドを発見することができました。現在ではこのペプチドの循環調節における機能解析に取り組んでいます。

国立循環器病研究センターでは、最先端の研究設備に加え、若手研究者へのサポート体制も充実しています。このような環境下で、流動研究員をはじめとする多くの若手研究者が循環器病研究の新たな未来を切り開くべく日々奮闘しています。当研究センターでの研究活動に興味を抱いている若手研究者の皆様、是非ともご応募ください。

最終更新日 2011年03月29日

ページ上部へ